2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


最近のコメント

ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 浜崎あゆみさんロゴ入った車を目撃 | トップページ | 自転車にひかれる!? »

2004.11.21

突然身近な人の「死」を迎える時

ある日突然くるもの 2
 「ある日突然くるもの」といえば、身近な人の「死」を迎えることです。
その時あなたはどこまで冷静に判断できるでしょうか。喪主となってしまった場合、悲しみにひたる間もなく、葬儀にむけてのいろいろな準備をしなければなりません。
 実は、あまり宗教に関心がなかった方から聞いた話なのですが、旦那様が亡くなったときに、宗教の宗派がわからなくて、違う宗派のお坊さんを葬儀に呼んでしまったことがあるのです。親せきの中には、お経にくわしい方がいて、「お経が違う」という一言で、大変なことになったしまったと聞いております。取りあえず、その場は、進行してしまったそうですが、あとが非常に大変だったと聞いております。
 

何が大変だったかというと、突然に亡くなったため、そして、転勤族だったため、その辺の準備など全く考えていなかったため、奥様は動転してしまい、冗談のような本当のことが起こってしまったのです。
 実家は遠方の地にあり、御先祖の墓もあったのですが、分家したようなかたちで、その準備もしていませんでした。
 1.宗派がわかりますか。 何気なく聞いておきましょう。
 2.つきあいのあるお寺さんありますか もしもの時は、どこのどのお坊さんに。
 3.墓地がない お墓はどこに?
  地元の市営霊園もよいのですが、お骨をどちらに埋葬するかという問題も発生しますね。
 たとえ互助会に入っていても、宗派等はわからないですね。
 自分の家の宗派や伴りょの方の宗派や墓地についてご存じでしょうか。
 その話を聞いてから、もしもの時は、どうするか確認をしておきました。
僕の場合(伴りょの関係も含めて)は、墓地、お墓、お寺、宗派はわかっていますし、整っています。
 何げなく、夫婦子供を交えて、お話をする機会をつくりませんか?

 でも、もし、その時を迎えたら、気が動転することは間違いないですね。

くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~Vielen Dank! Grazie!
天候:晴れ 湿度 60% Walking なし 体重 62.8kg

« 浜崎あゆみさんロゴ入った車を目撃 | トップページ | 自転車にひかれる!? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/2022365

この記事へのトラックバック一覧です: 突然身近な人の「死」を迎える時:

« 浜崎あゆみさんロゴ入った車を目撃 | トップページ | 自転車にひかれる!? »