2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 突然身近な人の「死」を迎える時 | トップページ | 聖なる扉 »

2004.11.22

自転車にひかれる!?

 れっきとした交通事故
 昨日家内が、自転車で買い物に行っている時、対向車が猛烈なスピードで走り抜けました。すると、その瞬間、自動車のタイヤに弾かれた小石が家内の顔に当たったのです。不幸中の幸いで、左目のシタでしたので、最悪の場合失明ということにならず、良かったです。小さく赤い痕跡(こんせき)がいま顔にあります。
 さて、自転車も車両です。ご存じですか?車両と人がぶつかれば事故になります。
当然、自転車も車両の範囲ですので、交通事故になります。自転車に乗っている人は、自覚をしませんと、損害賠償の対象となります。

実は、家内と急な降り坂を前後一列で散歩をしているときに、突然、自転車が後ろから、ぶつかってきて、最初に家内そして、ぼくとドミノ倒しのように突き飛ばしたのです。何と、その自転車のブレーキのワイヤーが切れ、制御不能でぼくたちにぶつかったのです。その瞬間、後ろからでしたので、何が起こったのかわからず、ぼくは倒れたままの状態で、何秒間かいました。自転車の運転者もびっくりして、飛んできて大丈夫ですかと、二人に声をかけてくれましたが、怒る気にもなれず、呆然(ぼうぜん)としていたことを思えています。その加害者は、丁寧に謝り、身分証明書を見せてくれましたので、控えておきました。翌日、朝目覚めると二人とも首が痛くて、整形外科に行き、診察を受けました。ぼくは擦過傷くらいで、別状もありませんでしたが、ただ、家内は直接自転車がぶつかってので、筋肉痛に近いくらいの軽い鞭うちでした。しかし、大事には至らないということで加害者には連絡はしなかったのです。ただ、家内の太ももにはしばらくの間アザが残っていたそうです。
 これは、もし治療の必要性が出れば、当然、車両整備不良による交通事故ですし、損害賠償等の請求が発生してきます。
また、多いのが無灯火で自転車に乗っている人たちです。ライト自体をつけることは、大した負荷にはならないと思います。夜間はライトをつけてください!!。自転車に乗っている人には、危険であるということと、本当に車両で交通事故になる可能性があるという認識が薄すぎます。歩いているとき、後ろから来る自転車は、直前にならないと、気配を感じませんし、最近の自転車は平気で、人との安全距離をとらずに、通り過ぎていきます。
お互いに「自分自身は大丈夫」なんて、考えないで、マナーを守りましょう。いつでも、どんな状況でも、「加害者」・「被害者」になりうる可能性があるのです。

下記、内閣府 共生社会政策統括官 交通安全白書 参照
http://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/h16kou_haku/

くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~Vielen Dank! Grazie!
天候:晴 湿度52 % Walking まだ 体重 63.0kg

« 突然身近な人の「死」を迎える時 | トップページ | 聖なる扉 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/2030973

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車にひかれる!?:

« 突然身近な人の「死」を迎える時 | トップページ | 聖なる扉 »