2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« ラップトップパソコンで男性不妊症? | トップページ | 新三大テノール? »

2004.12.14

IBMはどこに行く!!

ClubIBMのMEMBERとしてIBMから、以下のあいさつ文が届きました。
 この度、IBM聯想集団有限公司 (以下、Lenovo) は、共同でPC業界に強力な新会社を設立することで合意いたしました事をお知らせさせていただきます。以下省略
 今回のPC部門の中国Lenovoの売却については、驚天動地の感があります。ただ、「Think Pad」については日本IBMが存続するのかと思っていましたが、13日の発表で日本IBMのPC事業部もLenovoへ転籍してしまうといいます。たとえ、大和研がThink Padの開発拠点として残っても、どうなるものだかわかりません。
ブランドについても、「Think Pad」を始めとする「Think」ブランドについては完全に移管され、「IBM」のブランドについては最長5年の期限付きで新Lenovoが使用できますとのこと。名前だけ「IBM Think Pad」は最長あと5年存在することになります。

しかし、このニュースを聞いた途端、ブランド力は凋落の一途をたどったとしかいえません。今度、東芝が買収していたら面白くなっていたのではないだろうか。
 Think Padのこだわりが好きでしたのに、残念です。次に買う時は、どこを基準に考えればよいのでしょうか、考えてしまいます。
デスクトップは自作派のぼくですが、ノートだけはIBMでした。

くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~Vielen Dank! Grazie!

« ラップトップパソコンで男性不妊症? | トップページ | 新三大テノール? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/2258723

この記事へのトラックバック一覧です: IBMはどこに行く!!:

» IBM [Swing Blue]
IBMのThinkCentreA51pを使用している。今年の10月に買い換えたばかりだ。 そんなときに中国のLenovoグループがIBMのパーソナルコンピュー... [続きを読む]

« ラップトップパソコンで男性不妊症? | トップページ | 新三大テノール? »