2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


最近のコメント

ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« Generic Drugs? | トップページ | 筋トレで痔(じ)を直す? »

2004.12.07

病院を評価するのは誰(だれ)でしょう?

 最近、病院や医師に関するランクづけといいますか、評価本が多数出ていますが、ぼくが欲するものとは違うのです。医師の技術、専門性、そして人間性などの情報をなかなか得ることができません。なぜなのでしょうか。だれしも、いきなり大学病院に行って、診察を受けるというよりも、身近なホームdoctorに見てもらい、入院となったら、患者として安心できる病院へ段取りよく紹介されて治療を受けるということではないでしょうか。ハード的な面よりも、人的(ソフト的)に優れているかということではないでしょうか。また、医師との信頼関係が築けるかどうか、病気や健康に対しての正しい知識を与えてくれるかではないでしょうか。
 ただ、今診察を受けていても、ほとんど数分しか、話を交わすことができない状況では、医師の人柄などわからないですし、掛かり付けの医師とよべるか不安です。 かなり前には、往診もあり、その患者の生活環境も医師は情報として得ていたはずです。今、高齢化社会を迎えるに当たって、まさに、接触度の高い医療が望まれています。さて、・・・

 最近、病院を評価している団体があると言うことがようやくわかりました。
その名は「財団法人日本医療機能評価機構」です。ただ、このホームページを見ても評価の内容が読み取ることができません。何となくですが、病院自体の管理運営面での評価ではないかと思います。患者にとっての知りたい情報というのは、どのような専門の医師がいるかということなのにです。

 評価内容と言えば
 以下日本医療機能評価機構より以下抜粋です。

・認定証を発行する意味
 認定証は、病院の諸問題の改善に取り組む意欲を一層高めるために発行されるものであって、 認定証の有無により病院のランク付けを行うものではありません。多くの病院は何らかの問題を抱えています。評価の結果により改善が必要な問題点が明らかになった場合、病院が指摘された問題点を適切に受け止め、その改善に取り組んで成果が得られれば、認定証は速やかに発行されます。また、認定証は、その病院の基本的な性格、地域特性、経営面の諸条件等を考慮し、指摘された問題点の背景や改善・解決の実現性等を十分に検討した上で発行されます。
・第三者評価の実施により、次のような効果を期待することができます。
1.患者が安心して受診できる医療機関を増やすことになり、地域における医療の信頼性を高めることができます。

果たして、この構成で第三者評価と言えるのかも疑問
 
基本財産は、次の団体等から出資されています。
・厚生労働省 ・日本医師会 ・日本病院会 ・全国自治体病院協議会 ・全日本病院協会 ・日本医療法人協会 ・日本精神科病院協会 ・日本歯科医師会 ・日本看護協会
・日本薬剤師会 ・日本病院薬剤師会 ・健康保険組合連合会・国民健康保険中央会

以上
財団法人日本医療機能評価機構について以下のホームページ参照
http://jcqhc.or.jp/html/index.htm

くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~Vielen Dank! Grazie!

« Generic Drugs? | トップページ | 筋トレで痔(じ)を直す? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/2182451

この記事へのトラックバック一覧です: 病院を評価するのは誰(だれ)でしょう?:

« Generic Drugs? | トップページ | 筋トレで痔(じ)を直す? »