2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 新三大テノール? | トップページ | 損害保険会社破綻(はたん)時 保護枠変更に? »

2004.12.15

迷走地図 地図ソフト会社の凋落!

 民事再生申し立て後、2004年12月13日(月)にヤフー(株)との間で、スポンサー支援に関する基本合意に!
 (株)アルプスの民事再生法の申請については11日の日経新聞に掲載され、ユーザに対する案内は13日でした。なぜか、10日のアルプス感謝祭メールには民事再生法の申請について何も触れていませんでした。会社の姿勢に一寸、ガッカリ。善意に解釈して、従業員は知らなかったのかもしれませんが・・・。
 最近は、地図ソフトと言えば、1,980円のits-moNaviを使っています。難を言えば、ゼンリンの最新版「住宅地図」より、データーが若干古いことです。この価格で使えれば十分にコストパフォーマンスは良いですし、容量も節約できよいです。それまでは、プロアトラスとゼンリン地図を一年おきに交互にバージョンアップして使っていましたが、全国版をインストールすると時間と容量がかかって、何となく勿体ないなーと感じていました。そんな矢先に、ソースネクストが「パソコンソフトは文具」ということで、価格破壊に挑戦し、1,980円という信じられない金額で打ってでてきたのです。

この時に、もしかすると、地図ソフトの価格破壊により、窮地に追い込まれるところが出てくると確信していました。
ネットのブロードバンド化(ASP)で、ますます、ソフトの高収益率は期待できないものも出てくるのではないでしょうか。ソフトの適正価格が幾らかはわかりませんが、安くなるのは消費者にとっては歓迎です。しかしながら経済として考えますと、適正価格で収益を維持し日本の従業員に還元し、競争状態にいてもらった方が、活力がまし、良いソフトが出てくるのではないでしょうか。今回の件で、酒のディスカウンターによる、酒屋(小売店)の激減になった状況を思い浮かべるのはぼくだけでしょうか。 
ソフト会社も有力会社に収れんされてくる時代が来るかもしれません。

 くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~Vielen Dank! Grazie!

« 新三大テノール? | トップページ | 損害保険会社破綻(はたん)時 保護枠変更に? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/2270673

この記事へのトラックバック一覧です: 迷走地図 地図ソフト会社の凋落!:

« 新三大テノール? | トップページ | 損害保険会社破綻(はたん)時 保護枠変更に? »