2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 動揺を隠せないIBM!! | トップページ | 便臭が消えた!! »

2004.12.19

カマンベールは超ストロング!!

brie1円卓に座ってしまったのだ。

 モンサン・ミッシェルでは肝心なオムレツ(omelet)はツアーの食事には組み込まれておらす、実際にオムレツが有名だということを知ったのは何年も後のことで、テレビの海外紀行番組を見てのことだった。そのまま帰路へ。だが、時間がいい加減だ。ディナーにありつけたのは9時ごろであった。
 ぼくらは早めに案内され、傍若無人にも、円卓の奥の席に着いてしまった。12人くらい座ったのだろうか。当たり前だがぼくらを除けば、ほとんどが外国人。ぼくの隣には、気のいいアメリカ人の女性、そのほかはスペイン系の女性の方々で、締められた。テーブルセッティングについてはお昼で体験済みなので、別になんて事はないと思って、食べはじめることに。ただし、そこからが、拷問の始まりだったのである。とにかく、共通語の英語で、様々に語りかけてくる。
英語の話せないハネムーナーのぼくらは二人だけの世界になりたかったのに、それは全く許されなかった。食事での一番のごちそうは、会話だったからである。新婚、ソニー、すし、伝統文化等々、話題を振って親切にも、話の仲間に入れてくれるのである。挙げ句の果てに、「何語ができる?」なんて、また助け船・・・。

ドイツ語が少しって言うと。だれかドイツ語は話せない?幸いなことに、いなくてよかったのだが。食べているというより、表情を作るのに大変で、今も何を食べたかほとんどおぼえていない。唯一おぼえているのはデザートのチーズのもりあわせである。
 デザートとしてチーズが出てきたとき、「もう直ぐ、この状況も終わりだ!」と思いほっとした。何げなくカマンベールチーズをとってしまった。個性がありすぎて、すごい味で、思わず変な顔をすると、すかさず、となりのアメリカ人のおばさんが目を見開いて、「ストロング?」、ようやくぼくが自信を持って声を出した一言、「ベリーストロング!!」
 いまでも、海外に行く前には、語学は大事だと思うのだが、間に合ったためしがない。

くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~Vielen Dank! Grazie!

« 動揺を隠せないIBM!! | トップページ | 便臭が消えた!! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/2306810

この記事へのトラックバック一覧です: カマンベールは超ストロング!!:

« 動揺を隠せないIBM!! | トップページ | 便臭が消えた!! »