2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


最近のコメント

ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 骨は自分で拾えない・・・ごもっとも!! | トップページ | トイレットペーパーの重み »

2004.12.03

埋葬費の支給って知ってますか?

埋葬費の支給って知ってますか?
「な、な、なんですって!!(`´メ)」
 国民健康保険または社会保険から埋葬費に関する支給が受けられます。
ただし、申告方式なので、申請しないことには頂けません。そしてもう一つ重要なことがあります。※時効があります。いずれの場合も申請が葬儀をした日の翌日から2年を経過すると時効となり支給されません。
 自動的に、頂けるよう告知なり、連絡してくれると有り難いのですけど。知らない人が損をするという感じは否めません。家族のだれかが知っていれば、申請し忘れることはないと思います。「埋葬費もらえる」と覚えておいてください。
 さて、以下、諸手続きの仕方について

◎死亡届提出後、
○国民健康保険の場合
 被保険者(加入者)が死亡したときに、葬儀執行者に対し数万円の一定金額(各市町村により異なっています)が支給されます。
 「申請に必要なもの」
 ・印鑑 ・保険証・死亡の確認できるもの
 ・葬儀執行者の名義の銀行口座のわかるもの(郵便局を除きます)
 ・被保険者資格喪失届
 申請先 区役所市民課等(各市町村により申請先も若干異なっていますので注意。)
○社会保険の場合
 被保険者本人が死亡したとき、故人の標準報酬月額の1か月分(最低10万円)の埋葬料が家族に支給されます。
 ※死亡した被保険者に家族がいないときには、埋葬を行った人に、埋葬料の額の範囲で、埋葬にかかった費用が埋葬費として支給されます。
 被扶養者となっている家族が死亡したときは、家族埋葬料として10万円が支給されます。
 「申請に必要なもの」
 ・事業主の証明又は死亡に関する証明書類
 ・被保険者証 ・埋葬料(費)請求書
 ・申請先 勤務先あるいは所轄の社会保険事務所
とにかく、お住まいの市役所なり、管轄の社会保険事務所に電話で確認するのが確実かと思います。

※埋葬料とは直接埋葬に要した実費額(霊柩代、火葬料、僧侶(そうりょ)の謝礼、葬壇一式料等)

くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~Vielen Dank! Grazie!

« 骨は自分で拾えない・・・ごもっとも!! | トップページ | トイレットペーパーの重み »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/2133921

この記事へのトラックバック一覧です: 埋葬費の支給って知ってますか?:

» 国民健康保険の収納率、最悪の90.2% [NewsToday-5]
下がり90.2%と過去最悪を更新した。実質赤字は同1.8%減ったものの、3800億円と高水準を維持。景気 低迷と医療費の増加が響き、収支が赤字の市町村は全体の4... [続きを読む]

« 骨は自分で拾えない・・・ごもっとも!! | トップページ | トイレットペーパーの重み »