2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 「南無」の意味は? | トップページ | 本屋さんが減少中!! »

2005.01.25

図書館、年末年始になぜ休館?

 実は、これは新聞の読者から、「レンタルビデオ店は、元旦から開いている店もめずらしくない時代に、なぜ図書館が年末年始休館なのですか?」と寄せられた投書の題なのです。
 ぼくの基本的なスタンスは、年末年始くらい、公共交通機関等の代替が効かない業種についてはやむを得ないですが、過剰にサービスを期待しないでと言うことです。
 サービスには必ず、対価と担当者の労働・労務が伴っています。犠牲と言っても良いと思います。人間らしく生活するということと、適切なサービスは正比例するのではないでしょうか?どこか、余りにも経済優先、自己優先が垣間見られる昨今、相手をおもんばかる気持ちも必要ではないでしょうか。
 でも、先日図書館に返却に行った時、「こんにちは」と挨拶(あいさつ)しても無言のままで、本を返却後「いいですよ」としか、言わなかった職員がいました。これは、本来のサービス業の本質を忘れている職員で許せない行為だと思います。言葉や態度には、コストはかかりませんから、職員の完全なサービス怠慢です。

 ディズニーランドでの社員教育の中で、挨拶(あいさつ)先手必勝って言ってましたが、本当にそうだと思います。ほかの職員には、向こうから先に「こんにちは」って挨拶(あいさつ)してくれる人がいます。気持ちがいいですね。
 そのような挨拶(あいさつ)のありなしで「今日はあたり、はずれ」なんて思ってしまっては職員の質にも「あたり、はずれ」があるってことですね。
 やはり、ちょっとしたコミュニケーションが、行政では特に大切ですね。

くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~Vielen Dank! Grazie!

« 「南無」の意味は? | トップページ | 本屋さんが減少中!! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/2694365

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館、年末年始になぜ休館?:

« 「南無」の意味は? | トップページ | 本屋さんが減少中!! »