2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 「高価なもの=よいもの」ってホント? | トップページ | コントラストの原理 »

2005.01.07

カチッ・サー

「影響力の武器」(なぜ、人は動かされるのか)を読んで(weapon of influence)
様々な社会活動、しいては経済活動において、人間心理をいかにうまく利用して相手に「YES」といわしめているか、心理学的研究の結果を基礎にして、解説している。
 また、現在のように悪徳商法が社会問題になっている時に、なぜ人々が悪徳商法にのせらてしまうのか、また、どのようにしたら、乗せられないように回避するのかのヒントが書かれている。
 面白いように、今の経済活動の中で、解説されている手法が利用されていて、「カチッ・サー」というように、自動的に「イエス」といわされている現状に驚かされる。
でも、このような状況を確認することにより、本当に「イエス」又は「ノー」と言える方法が見えてくるのである。
 よく使われる手法として「希少性」がある。期間限定とか数量限定の事である。

皆さんも、あと何戸限という、希少性のゆえに、購入したことはないだろうか?
例えば、クッキーの場合、決して味は変わらないのだけれど。希少性のために、購入意欲をそそられたことはないだろうか?
 本書で取り上げられていることは:「カチッ・サー」、「コントラストの原理」、「返報性のルール」、「コミットメントと一貫性」、「権威の持つ影響力の強さ」、「希少性」などである。
実は「高いもの=よいもの」も、人の心理をついているのである。

くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~Vielen Dank! Grazie!

« 「高価なもの=よいもの」ってホント? | トップページ | コントラストの原理 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/2494625

この記事へのトラックバック一覧です: カチッ・サー:

« 「高価なもの=よいもの」ってホント? | トップページ | コントラストの原理 »