2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 『サウンド・オブ・ミュージック』地元では不人気?! | トップページ | サンリオさん、どうしましたか?キティちゃん? »

2005.02.27

現状は、まだまだ先のIT立国?

 都心から離れて、mobilePCを持参してみて、また携帯電話でパケット通信をしてみて、しみじみ、まだまだIT立国は先だなと感じました。
 インターネットを見ている人には、ネットから情報を取ることは当たり前だけれど、情報を「活字とテレビ」からだけという人にとっては、なくても支障がない(6割以上)?。 使い慣れている人には必需品でも、インターネット経験がなく利用価値を知らない人には、きっと、必要だと思えるものがないのだろう。
 ネット利用者は様々な情報を取捨選択して利用し、航空券等もネット利用だと3%割引とかの恩恵を受けることが出来る。(ただし、毎月のプロバイダー、回線使用料の固定費は支出しているけれど)利用者にとっては、なくてはならない存在ですね。
 関東と関西での料金格差も困った問題だけれど(郵政公社の問題も何となくわかる)、もう少し、「情報通信料」が安くなることと、「情報リテラシーの向上」が両輪のように感じます。もう一つ重要なのは、「使わなければいけない状況」が出来ない限り、特に小規模事業者には普及はしないでしょう。例えば、「ネット申告」すれば数パーセント税金が控除されるとか、実益が伴わないと無理でしょうね。
 ライブドアの買収劇も、「活字・テレビ」のみの視聴者に自社が認知されるためには、必要なことかもしれませんね。

 フジテレビを知らない人は1割もいないでしょう。その逆はどうだろうか、と思うくまさんでした。
ではでは(^.^)/~~~Vielen Dank! Grazie
以下すべて総務省の数値による:
○統計数値 平成16年3月31日現在における
 人口数 126,824,166人 世帯数 49,837,731世帯 一世帯あたりの構成人員 2.54人(前年度末 2.57人)
○2004年9月末時点ブロードバンド契約件数
FTTH加入者 203万4433回線、DSL 加入者1280万3883回線、公衆無線LAN7万4128人。契約件数:合計1491万2444回線等
世帯普及率約29.92% かなり普及率はまだ低い。
 契約件数÷世帯数≒29.92%(公衆無線LANの場合、自宅でもブロードバンドに加入していることも想定されるので、この数値については上限と思われる)
○全国ブロードバンド構想 ~「世界最先端のIT国家」の実現に向けて~(平成13年10月)の予測数値は「1977万回線」 予測数値より現実は約500万回線分少ない
URL:http://www.soumu.go.jp/s-news/2001/011016_2.html

« 『サウンド・オブ・ミュージック』地元では不人気?! | トップページ | サンリオさん、どうしましたか?キティちゃん? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/2973101

この記事へのトラックバック一覧です: 現状は、まだまだ先のIT立国?:

« 『サウンド・オブ・ミュージック』地元では不人気?! | トップページ | サンリオさん、どうしましたか?キティちゃん? »