2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 「中途失明」の恐怖って?なに? | トップページ | この時期、理髪店は危険でいっぱい!! »

2005.02.23

えっ「ダ・ビンチ」の絵よりドアが優先!!

giacomo-il-maggiore-1 500年の歳月を超えて現代に蘇(よみがえ)る天才「ダ・ビンチ」が残した「最後の晩餐」を楽しみに見てきました。何と20年以上にわたる修復を終え1995年5月から一般公開されたので、いつか見たいとの思いがようやく2年前にかないました。
 順番を待つ間、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会を見学していました。
この絵はもう皆さんよくご存じだと思いますが、旧ドメニコ修道院の食堂にかかれています。当時のミラノ領主ルドヴィコ・イル・モーロの命を受け、レオナルド・ダ・ビンチが一人で1494年ごろから1497年にかけて完成させたものです。
 ようやく順番がきて、中にはいると暗い中に「最後の晩餐」が柔らかい照明でライトアップされています。左右対処の配置と動的遠近法により描かれています。
 しかし、びっくりするのは、何と当時の修道士たちがダ・ビンチの絵を無視して、台所に行く「ドア」を作ってしまったことです。
 小さい絵でわかりにくいかもしれませんが、キリストの真下に白いドアの上部が描かれているのがわかると思います。絵の価値よりも、修道士たちは利便性を追求してしまったのです。以前、NHKがCGで完全復元してましたが、その復元ではドアはなく、キリストの足も描かれていました。イタリア人らしいといえばイタリア人らしいですけれど。絵とはいえキリストの足をカットしてドアを作るとは・・・?

日本人のぼくには理解できませんね。逆に、日本人でむかし、広隆寺の弥勒菩薩に魅了され、思わず抱きついて指を折った人がいましたが。
 さすが、イタリア人気質(かたぎ)を象徴する三つの言葉「カンターレ・マンジャーレ・アマーレ」(歌って!食べて!愛して!)に「鑑賞して!」はないわけだ.。ooO(゜ペ/)/ひゃ
 でも、いい加減なところが好きないい加減なくまさんでした。
ではでは(^.^)/~~~Vielen Dank! Grazie

「最後の晩餐」の解説が掲載されています
http://www.puntocoronato.net/cenacolo.pdf#search='da%20vinci%20%20giacomo%20il%20maggiore'

« 「中途失明」の恐怖って?なに? | トップページ | この時期、理髪店は危険でいっぱい!! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/2946273

この記事へのトラックバック一覧です: えっ「ダ・ビンチ」の絵よりドアが優先!!:

« 「中途失明」の恐怖って?なに? | トップページ | この時期、理髪店は危険でいっぱい!! »