2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« ついにデジタルカメラから撤退第一号、京セラ | トップページ | Global Information Technology Report2004-2005 、IT競争力(おまけ?) »

2005.03.10

エクセレント・カンパニー(超優良企業の条件)を読んで

 「エクセレント・カンパニー」は1983年7月第一印刷発行後かなりの年月が経過しているけれど、今でも役に立つと思います。内容は超優良企業として存続している企業の条件は何かを探っている。
 ※革新的な超優良企業をもっとも良く特徴づける八つの基本的事項
1.行動の重視 「やってみよ!だめなら直せ!試してみよ!」  2.顧客と密着する 「お得意様から学ぶ」  3.自主性と企業家精神  4.人を通じて生産性向上  5.価値観に基づく実践  6.基軸から離れない  7.単純な組織に小さな本社 small is beautiful
8.厳しさや緩やかさの両面を同時に持つ
 ぼくは自分の会社を持ちたいと考えています。ぼくにとって一番重要だと思うことは『』です。ぼく自身もそうですが、「グッドトライ」が好きです。グッドトライとは失敗したけれども意味のある試みで、「撃ち方用意!撃て!狙え!」そして「狙わずに撃ってしまった後で試行から学べ!。」それで十分だと思います。
 もう一つ、「良いサービスは例外的」なものだと言うことです。だからこそ「良いサービス」が求められており、それを成し遂げた企業が顧客を獲得するのではないでしょうか? 最後に情報の公開であり「誰も私になんにも教えてくれない」Nobody Ever Tells Me Anythingの頭文字を取ってネトマNETMAであっては何事もならないのですね。
 早く企業を立ち上げたいくまさんでした。ではでは(^.^)/~~~Vielen Dank! Grazie

« ついにデジタルカメラから撤退第一号、京セラ | トップページ | Global Information Technology Report2004-2005 、IT競争力(おまけ?) »

コメント

ホリエモンに読ませたい本ですな。アタシはアンチライブ~

ほりえもん、ちょっとアプローチの仕方に問題ありですね。やり方がへたくそ。近鉄の時もそうなんだけれど・・・。「ビヨンドtheシー」の中でケビン・スぺーシーが「人は見た目で聞く」と行ってましたが、見栄えが一番大切かもね。
 くまさんでした。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/3244942

この記事へのトラックバック一覧です: エクセレント・カンパニー(超優良企業の条件)を読んで:

» バリュースペース戦略 [IT時代のブランディング]
バリュースペース戦略 J・セス, B・ミッタル バリュースペースとは『エクセレント・カンパニー』や『ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則』であげられたような超優良企業のための条件を戦略フレームワークに落としたものとして提唱されています。 取り上..... [続きを読む]

« ついにデジタルカメラから撤退第一号、京セラ | トップページ | Global Information Technology Report2004-2005 、IT競争力(おまけ?) »