2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 個人情報保護法の全面施行でどうなるの? | トップページ | 変だよ!変! »

2005.03.28

まだ?読んでいない「ダ・ビンチ コード」

 ぼくはまだ、「ダ・ビンチ コード」を読んでいません。先だってフジテレビで「超時空ミステリーSPダビンチ最大の謎(なぞ)と秘密の暗号」を見たのです。でも、きっと見る前の印象ではメインの荒俣宏(ひろし)氏は良けれど、ごく普通の俳優がそれぞれ取材に行っていたため、大した内容ではないだろうぐらいに思っていました。
 でも、実際に見てみると、それほど深くは掘り下げてはいないのですが、興味深い内容に刺激されたのです。
 ぼくの部屋には、ダ・ビンチ「最後の晩餐」の大きなポスターが貼(は)ってあり、パソコン画面から少し顔を上げては時々、眺めているのですが、キリストの左横には確かに女性のように描かれている「Giovanni」がいるのです。
もう一点は、キリストに女性がいたこと。それが「マグダラのマリア」であるのではないでしょうか、という点。今の今まで、キリストに子供がいたなんて全く思いもしませんでした。 「なぜ」考えなかったのでしょうか?結婚していないものとの思いこみがあったのでしょう。
 そして、キリストの子孫を守るための秘密結社「シオン修道会」の存在にも驚かされました。
マグダラのマリアとキリストの関係、そして子孫の存在、それを守るためのシオン修道会の存在。これだけをあらためて知っただけでも、ぼくには非常に興味深い内容でした。
 ビデオを見終わった後、しみじみと「最後の晩餐」のポスターを眺めたくまさんでした。早く本を読まなくっちゃ。ではでは(^.^)/~~~Vielen Dank! Grazie
 追伸:先だっての日テレの同様の番組もVTRに撮ってあって、まだ見てない。

« 個人情報保護法の全面施行でどうなるの? | トップページ | 変だよ!変! »

コメント

くまさん、こんにちわ~。
私もあの番組、見ました。
『ダ・ヴィンチ・コード』も読んだし、その解説本や
関連するTV番組もいろいろ見てきましたが、
あの最後の結論にはたまげました!
(モナリザがマグダラのマリアだという話)
ただ、「最後の晩餐」の隣にいるのはマグダラのマリアという説は
どうかなあと思ってます。
そうすると、ヨハネがいなくなっちゃうんですよね。
『ダ・ヴィンチ・コード』を読んで以来、キリスト教や宗教に関する本を
いろいろ読んでいますが、なかなかおもしろい世界です。
くまさんも、是非、『ダ・ヴィンチ・コード』読んでみてください。
そこから知りたい事が枝葉のように増えていきます。

LINさん、こんばんは∈^0^∋
実は図書館にリクエストしてあるのですが、いつになることやら、もう待ちきれなくなっています。キリスト教自体に興味があって、犬飼道子さんは結構読んだのですが、全く視点が違うというか、人間キリストについてはほとんどふれられていなかったですね。
 つまり、キリストも人間だったのですよね。
すっかり、「ひと」ということを忘れていたことなのです。あまりにも神格化されすぎ。
 キリスト教の陰というか闇というか、見せたくない部分が多ければ多いほどmysteriousですね。
 LINさんのお話で、ますます読みたくなってきました。
 くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~

キリストは、そんなことで、人間らしさをだしてほしくない。というのはわがままでしょうか? ローマ法王の話し、Yahoo Italia を読んで 私がなんとなくそう思ったのです。Gute Nacht!

persempreさん、こんばんは∈^0^∋
ぼくのパパビリのところでふれたのですが「自発的に退位したのは1294年チェレティヌス5世以来ないらしいです。」
それ以来ないというのは、「神」であると言うことの伝承かもしれませんね
 くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/3466858

この記事へのトラックバック一覧です: まだ?読んでいない「ダ・ビンチ コード」:

« 個人情報保護法の全面施行でどうなるの? | トップページ | 変だよ!変! »