2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« Justsystem安全策打ち出す!!2日11時よりダウンロード開始! | トップページ | ただ今満腹!チャンポン三昧(ざんまい)! »

2005.03.02

「ビヨンドTheシー(Beyond the Sea)」を見て(O_o)WAO!!!

 「ビヨンドTheシー(Beyond the Sea)」」を見てきました。良かったです。
『音楽との出会いが病弱な少年の人生を変えた。生涯をスイングし続けることにでショービジネス界の頂点にのぼりつめたある天才の真実の物語』です。制作・監督・主演 ケビン・スぺイシー Kevin Spacey が三役を務め、自ら Bobby Darinの20曲のナンバーを歌いこなしました。これほどまでにKevin Spaceyに歌唱力があるとは思いませんでした。演技派であることは過去2回アカデミー賞に輝いているのだから折り紙付きです。「ちょっとダンスは」って思いましたが・・・。ボビー・ダーリンの子役ウィリアム・ウルリッチWilliam Ullrichの役どころが面白いです。妻役サンドラ・ディー役のケート・ボスワースKate Bosworthもきれいでよいです。特に髪の色がきれい!!
 芸名のボビー・ダーリンのダーリンを思いついたのがあれだったなんて!!知りたい方みてください。(^▽^ケケケ)
 最初からBobby Darinの名曲・スイングで引き込まれていきます。エンディングがちょっと変わっています。 ただ、上映館が身近にないのが欠点です。ぼくとしては10点満点中7点です。
 ちなみに、ぼくは初めて舞浜(まいはま)のイクスピアリで見たのです。少し早めに行って、よい席を指定しようと思ったら、ここは何と自由席でびっくりでした。指定なら、ほかをちょっと見て楽しもうと思っていましたのに、ポップコーン食べながら上映を待っていたくまさんでした。
 次はアカデミー賞主演男優賞のジェイミー・フォックス「Ray」を見ようと思っています。ではでは(^.^)/~~~Vielen Dank! Grazie
 でも、「Ray」はそろそろ終了間近?急がなくては。

ビヨンドTheシーのオフィシャルホームページはhttp://www.gaga.ne.jp/beyondthesea/

« Justsystem安全策打ち出す!!2日11時よりダウンロード開始! | トップページ | ただ今満腹!チャンポン三昧(ざんまい)! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/3133221

この記事へのトラックバック一覧です: 「ビヨンドTheシー(Beyond the Sea)」を見て(O_o)WAO!!!:

» ビヨンド the シー 夢見るように歌えば [Groovy Groovers]
原題: BEYOND THE SEA 監督: ケヴィン・スペイシー 製作: ジャ... [続きを読む]

» 夢見るように歌い続けて欲しい [スキー、映画、DVD@趣味の世界]
ビヨンドtheEシーを木曽川で観てきました。 なんと、観客は我々ふたりのみ! ケビン・スペイシー監督・製作・主演では、お客が呼べないのでしょうか。 ... [続きを読む]

» ■ビヨンド the シー 夢見るように歌えば/Beyond the Sea [ツボヤキ日記★TUBOYAKI DIARY]
■Beyond the Sea / ビヨンド・ザ・シー 〜夢見るように歌えば〜 ●待ちに待ったケビン・スペイシーが「ボビー・ダーリン」にスポットを当て... [続きを読む]

» ■サンドラ・ディ★逝去 [ツボヤキ日記★TUBOYAKI DIARY]
■Sandra Dee★サンドラ・ディ逝去 ●ケイト・ボズワースがサンドラ・ディを演じた映画「Beyond the sea」は、ケヴィン・スペイシーに... [続きを読む]

» ビヨンド the シー 夢見るように歌えば [利用価値のない日々の雑学]
前評判の大変高い作品で、公開前から期待していたのだが、映画館によって上映スケジュールが区々であったために、結果、最終日に滑り込み鑑賞になった。とはいうものの、筆者の周りの特に音楽関係者の間では大変評価が高く、周辺で見ていないのは自分だけという状況だった。そして、結果は大変満足のいくつたものあった。 作品の題材である、ボビー・ダーリンに関してはこの記事では省略させて頂くが、丁度同じ時期に「Ray/レイ」が公開され、オスカーやグラミーという話題性が高かったために、こちらの方が霞んでしまった観がある... [続きを読む]

« Justsystem安全策打ち出す!!2日11時よりダウンロード開始! | トップページ | ただ今満腹!チャンポン三昧(ざんまい)! »