2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 反日行動は冷静に!大人の対応を求めたい! | トップページ | マスク着用率東高西低?でも名古屋は? »

2005.04.17

「Leica」と「CONTAX」(光と陰)

 機を同じくして、ドイツ2大カメラの動きがあった。それは、光と陰のようだ。
  デジタルカメラに続き、ついに京セラは「CONTAXブランド」銀塩カメラに関する事業を終了することに決定した。マニアにとっては、一度は持ちたいカメラだったのに、残念だ。05年12月には終了する予定だ。
  一方のLEICAは日本シイベルへグナー(株)との代理店契約終了にともない、直営販売会社 日本法人を立ち上げ、米、英、仏に続く4社目となった。
 ただ、4月11日(現地時間)、2004年会計年度の営業損失を1,280万ユーロに修正すると発表した。特別損失は270万ユーロで、前年度の予測から130万ユーロ上乗せしている。理由を業績回復戦略や資金戦略に要するコスト、「戦略上重要」という日本での現地法人創設にかかる費用などとしている。
 銀塩カメラ、特にレンジファインダーカメラでは世界を凌駕し、日本のカメラメーカーのお手本だったのに、一眼レフカメラの登場。そして、コンパクトカメラ。ついにはデジタルカメラで完全に日本のカメラメーカーの後塵を拝するようになってしまった。
 コンタックスは撤退というかたち、LEICAは新たに日本でのスタート。
 
 ぼく自身はLEICAの機械式カメラは好きだ。ずしりとした感触、フォーカルプレーンシャッターのあの心地よい音色。しかし、デジタルカメラには興味があまりない。
 サイクルの激しいデジタルカメラでLEICAが対応していけるのかどうかが心配だ。
 LEICA自身、どのような販売戦略を持ち攻勢に出てくるのだろうか?
 LEICAファンのぼくとしては、LEICAの撤退という言葉は万が一にも聞きたくない。
 
 くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~Vielen Dank! Grazie

« 反日行動は冷静に!大人の対応を求めたい! | トップページ | マスク着用率東高西低?でも名古屋は? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/3702710

この記事へのトラックバック一覧です: 「Leica」と「CONTAX」(光と陰):

» コンタックス、ペンタックス [電気通信大学写真研究部ファンクラブ]
前、部で少し話が出た京セラがコンタックスブランドを終了するというのはホントらしいです。 シンヤさんや前部長はじめ、部にもコンタクサーは何人もいました。 今は手を出せないけれど、いつかは、、なんて考えていた人もいると思います。 自分もその一人で、Gシリーズ.... [続きを読む]

« 反日行動は冷静に!大人の対応を求めたい! | トップページ | マスク着用率東高西低?でも名古屋は? »