2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 世界で一番パパが好き! | トップページ | 献血の目標量ってご存じ? »

2005.04.04

代返したことありますか?

代返したことありますか?
 ぼくは、代返もリポート作成もNote貸し出しも、その逆もしたことあります。
 青森大学(青森市)では、代返封じに携帯電話を利用し、出欠確認をするという。
目的は1.代返封じ と 2.出席簿を確認する講師陣の手間を省くこと だという。
 システムの概要は、教員の指示があったときに出席学生が携帯電話から大学専用サイトにアクセスし、その場で告げた数字を入力したら出席が記録される。
 記録の受付は、数字から1分前後に集中するため、学生が欠席者に数字を伝えて外部から登録しようとしても、時間差があり、出席を装うことはできないそうです。

 <その後 青森大学では>
 報道では「携帯電話による出欠と代返阻止」が中心になっていますが、今回のこのシステムは「青森大学全体のIT化」の一環であり、その目的は「学生サービスの向上」です。本学には代返するような学生はいないと信じていますが、出席管理システムが「代返防止機能」を持っていなければ、機能不足であり充分とは言えません。そのために代返防止機能を備えているのであり、代返者を見つけて罰することは本学の本意ではありません。

 いずれにしても、大学生なのだから、すべて自己責任で、最終的には本人につけが回るわけですから、そんなに代返阻止は意味がないと思うのです。
 一番簡単な代返阻止は少人数で、全員に意見を求めることです。実はそんな講義があったのです。最初は知らんぷりして、代返させておいて、全員を指すと、バレルのですね。「あれっ、あなたはいつから名前が変わったのですか」だって。
 青森大学のみなさん、「必要は発明の母」(Necessity is the mother of invention.)です。頑張ってください。先生に負けてはいけません。時間はたっぷりあります。
 学生生活をエンジョイしましょう。長野大学とはまた異なるIT化と思ったくまさんでした。ではでは(^.^)/~~~
青森大学

« 世界で一番パパが好き! | トップページ | 献血の目標量ってご存じ? »

コメント

はじめまして。
コメントありがとうございました。

私は代弁したことありませんし。してもらったこともありません。と言うのも私は極端な授業しか受けたことが無いんです。

教授と1対1で行う授業か、生徒が多すぎて出欠の取れない授業か。教授と対面で行う授業は予習が普通の授業の数倍かかるが、勉強できることが多くて面白かったです。その一方時間が厳しいので、出欠の取らない授業は試験はできるだけ手間を省いて勉強しました。

でも、学問を研究するところなのに大学の対応はなんとも情けない…
フラーゲ卿

フラーゲ卿さん、こんばんは∈^0^∋
こちらこそコメントありがとうございます。
大人の対応、自己責任でよいと思いますよね。
 変に管理しようとするところに問題あり。
 ぼくの大学生活は、2年目からは倶楽部に明け暮れていました。
 だからこんなになってしまった。何が?って。
また、遊びに来てくださいね。ぼくも行きます。
 くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/3525976

この記事へのトラックバック一覧です: 代返したことありますか?:

« 世界で一番パパが好き! | トップページ | 献血の目標量ってご存じ? »