2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 人気日記ブログ、今ダウン? | トップページ | その国の魂を買われると当然反発が! »

2005.04.27

新ローマ法王選出まで流れ6

新ローマ法王選出まで流れ6
 新法王選出までのメモです。
13.新教皇選出と共にコンクラーベ終了着座式は24日に(05.4.19)

 新教皇ベネディクト16世の選出をもって、19日夕、コンクラーベが終了。
 バチカンのナヴァロ・ヴァロス広報局長はコンクラーベ終了に伴い、教皇ベネディクト16世はこの夜サンタ・マルタ舎に宿泊、枢機卿らと夕食を共にすると発表。

 新教皇の着座式が24日(日)午前10時から聖ペトロ代聖堂でとり行われる。

14.投票4回目で新教皇選出「短い」コンクラーベ(05.4.20)

 コンクラーベは、教皇ベネディクト16世の選出が選挙2日目・4回目の投票で決定。
 コンクラーベで教皇選出に要した時間は、ここ数代の教皇ではピオ12世の1939年、 選挙日2日・3回目の投票での決定が最も短い。

 ヨハネ・パウロ1世も1978年、選挙日2日・4回の投票で選出。
 パウロ6世は1963年、選挙日3日・6回(あるいは5回)の投票で選出。
 ヨハネ・パウロ2世は1978年、選挙日3日・8回の投票
 ヨハネ23世は1958年、選挙日4日・11回の投票。

15.新教皇、枢機卿らとコンクラーベ終了ミサ(05.4.20)

 20日朝、教皇ベネディクト16世はバチカンのシスティーナ礼拝堂でコンクラーベ終了のミサを捧げられた。

 教皇選挙に参加した枢機卿らとの共同司式で行われたミサで、新教皇はラテン語のメッセージを読み上げられた。

 その中で教皇は、与えられた責務の重さを深く自覚しつつも、先任者ヨハネ・パウロ2世の手を感じ、「恐れないで」というその言葉を聞く思いがすると述 べ、先任教皇の残したさらに勇気ある、自由な、若い教会を受け継ぎ、第2バチカン公会議の精神に沿った歩みを続けていく意志を表明された。

 今年の聖体の特別年というまたとない機会に多くの信仰の実りを教会全体に願うと共に、人類の一致と平和に奉仕するためのすべての人々との開かれた誠実な対話を約束された。

16.ベネディクト16世、教皇公邸入り教理省訪問も(05.4.20)

 教皇ベネディクト16世は、20日午前、バチカン宮殿内の教皇公邸(教皇居住区)に入られた。

 教皇公邸は教皇ヨハネ・パウロ2世の葬儀後封印されていたが、この日、コンクラーベ終了ミサの後、カメルレンゴのマルティネス・ソマロ枢機卿とソダノ枢機卿、総務局長のサンドリ大司教立会いのもと、新教皇の公邸入場が行われた。

 ベネディクト16世という教皇名平和の推進者であったベネディクト15世(在位1914~22)とヨーロッパの保護聖人ノルチャの聖ベネディクトの果たした役割を念頭に選んだ旨を説明

17.教皇ベネディクト16世選出後の枢機卿数(05.4.21)

 教皇ベネディクト16世の選出後、4月19日付の枢機卿数は以下の通り。

 全枢機卿  182人
 教皇選挙に投票権のある
 80歳未満の枢機卿  116人
 80歳以上の枢機卿  66人

« 人気日記ブログ、今ダウン? | トップページ | その国の魂を買われると当然反発が! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/3810715

この記事へのトラックバック一覧です: 新ローマ法王選出まで流れ6:

« 人気日記ブログ、今ダウン? | トップページ | その国の魂を買われると当然反発が! »