2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« イタリア村って、何? | トップページ | GermanFestに行ってきました。 »

2005.05.25

ティッシュペーパー、何故5パック?

 ティッシュペーパーはスーパーなどで、どうして5パック単位で売られているのだろうという記事が日経に載っていた。
 皆さん何故だと思いますか?
 5箱をポリ袋でパックした日本独特のもので、市場の9割を占めるそうです。
 で、何故?
 5箱パックを日本で初めて売り出したのは ネピアブランド(王子ネピアの前進:王子ティッシュ販売)1984年。
  普及し始めのころに、大量販売を狙ったスーパーは新規出店などで5箱単位の特売価格を打ち出したことが、始まりのよう?で この特売スタイルが定着したようです。

 ただ、大手メーカー各社は赤字販売となり”脱・5箱パック”を模索し始め、大手各社は値下げ販売を避けるためにも再び一箱販売に注力し始めたとのことです。
 ティッシュペーパーの5箱パックは今後姿を消すのだろうか?

 花粉症のぼくとしては、大量に使用するので、5箱パックは残して欲しいものです。

幸運の招き猫

くまさんことくまボンでした。
ではでは(^.^)/~~~

Rankingは今どのくらい?

« イタリア村って、何? | トップページ | GermanFestに行ってきました。 »

コメント

そういわれてみればなんで5箱パックなんでしょうね~?
自転車で買い物に行くと、積むのに苦労します^^;
でも花粉の時期はそれぐらい必要ですよね~。
1箱売りはまだ近所では見かけていません。
どれぐらいで普及してくるんでしょうね?

こんにちは。 くまさん!

家族で使うモノと「私」が使うのでは品物がちかう。。。りりぶん家・・・・。 一人暮らしも増えてるし、量より質を求めている人もいますから、質の良い1箱販売の競争をしていただきたいですね。

しか~し、家族のためには5箱残して欲しいな。 5年くらい前は198円で5箱売りがあったのに最近はめったにありません。 大赤字だったのかな????

ちびはむさん、こんばんは∈^0^∋
 花粉症の時期は、あっという間に一箱なくなります。
近々一箱売り移項したいみたいですよ。
 でも、消費者の動向見ている見たいですね。
 くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~
 

りりぶんさん、こんばんは∈^0^∋
 一箱売りは、たぶん 高品質をうたいながら、価格を赤字にならないように設定するのではないでしょうか?
 両方やすくしてもらうのがいいのですけれど。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

う~ん、なぜかわからん。
私のちっこい頃はテッシュはなかったんだよ、鼻紙だった。それがポケットで毛羽立って悲惨だったなぁ。

今晩は、
5個パックを流行らせたと思ったら、
今度はバラ売りがはやる。
まったく、流行廃りにはタネはつきませんねぇ!

5箱パックでも6パックでもお持ち帰りに楽なのがいい。 バラで5個買うとなると困る・・

みけこさん、こんにちは∈^0^∋
 鼻紙って、今見ないですよね。消えていった商品なのかもしれませんね。
 ポケットティッシュもいつ頃から、出回ったのでしょうね?あとで調べてみよっと。
 品物がよいと言うことは、どこかで無駄も出ているのかなー。
 くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

hawkさん、こんにちは∈^0^∋
 企業は背に腹は代えられない事情もあるのでしょうけれど、偉大なるマンネリはないのですね。消費経済って無駄が多いですね。
 くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

ビビさん、こんにちは∈^0^∋
そうそう、持ち帰るのに楽な方法がいいですよね。
でもそこには、ビニール袋が付きまとうのですよね。
ティッシュの詰め替え用だけ5パックとかないだろうか?
箱一つで。中身だけ詰め替えるほうが、エコ商品ですよね。
 くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/4248148

この記事へのトラックバック一覧です: ティッシュペーパー、何故5パック?:

« イタリア村って、何? | トップページ | GermanFestに行ってきました。 »