2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 本名で 「動物 占い」を やって見た! | トップページ | 開かれたサッカー界と閉鎖的な野球界 »

2005.05.23

タイム誌がベスト映画100本発表

TIME Presenting the All-Time 100 best fiilms as chosen byTIME's movie ctitics Riichard Corliss and Richard Schickel
「生きる」など4邦画も タイム誌がベスト映画100本発表 

 

. .

 米誌タイムは22日、同誌が選んだ「ベスト映画100本」を発表した。
黒沢明監督の「生きる」(1952年)など、日本映画4本が含まれており、「生きる」は50年代の最高傑作に選ばれた。ベスト映画100本は23日発売の同誌最新号で一部が紹介される。100本に順位は付けられていない。

 年代ごとの最高傑作としては
「メトロポリス」(20年代)、「孔雀夫人」(30年代)、「市民ケーン」(40年代)、「生きる」(50年代)、「仮面 ペルソナ」(60年代)、「チャイナタウン」(70年代)、「デカローグ」(80年代)、「パルプ・フィクション」(90年代)、「トーク・トゥ・ハー」(2000年代)が選ばれた。(共同通信より引用)

幸運の招き猫せめて、最高傑作はすべてみておきたいですね。

くまさんことくまボンでした。
ではでは(^.^)/~~~

Rankingは今どのくらい?

詳細は下をご覧下さい(アルファベット順)

http://www.time.com/time/2005/100movies/the_complete_list.html
A - C
Aguirre: the Wrath of God (1972)
The Apu Trilogy (1955, 1956, 1959)
The Awful Truth (1937)
Baby Face (1933)
Bande à part (1964)
Barry Lyndon (1975)
Berlin Alexanderplatz (1980)
Blade Runner (1982)
Bonnie and Clyde (1967)
Brazil (1985)
Bride of Frankenstein (1935)
Camille (1936)
Casablanca (1942)
Charade (1963)
Children of Paradise (1945)
Chinatown (1974) ◎70年代 最高傑作
Chungking Express (1994)
Citizen Kane (1941) ◎40年代 最高傑作 「市民ケーン」
City Lights (1931)
City of God (2002)
Closely Watched Trains (1966)
The Crime of Monsieur Lange (1936)
The Crowd (1928)
D - F
Day for Night (1973)
The Decalogue (1989) ◎ 80年代 最高傑作
Detour (1945)
The Discreet Charm of the Bourgeoisie (1972)
Dodsworth (1936) ◎30年代 最高傑作 「孔雀婦人」
Double Indemnity (1944)
Dr. Strangelove: or How I Learned to Stop
Worrying and Love the Bomb (1964)

Drunken Master II (1994)
E.T. The Extra-Terrestrial (1982)
8 1/2 (1963)
The 400 Blows (1959)
Farewell My Concubine (1993)
Finding Nemo (2003)
The Fly (1986)
G - J
The Godfather, Parts I and II (1972, 1974)
The Good, The Bad and The Ugly (1966)
Goodfellas (1990)
A Hard Day's Night (1964)
His Girl Friday (1940)
Ikiru (1952) ◎50年代 最高傑作 黒澤明 監督 「生きる」 
In A Lonely Place (1950)
Invasion of the Body Snatchers (1956)
It's A Gift (1934)
It's A Wonderful Life (1946)
K - M
Kandahar (2001)
Kind Hearts and Coronets (1949)
King Kong (1933)
The Lady Eve (1941)
The Last Command (1928)
Lawrence of Arabia (1962)
Léolo (1992)
The Lord of the Rings (2001-03)
The Man With a Camera (1929)
The Manchurian Candidate (1962)
Meet Me in St. Louis (1944)
Metropolis (1927) ◎20年代 最高傑作
Miller's Crossing (1990)
Mon oncle d'Amérique (1980)
Mouchette (1967)
N - P
Nayakan (1987)
Ninotchka (1939)
Notorious (1946)
Olympia, Parts 1 and 2 (1938)
On the Waterfront (1954)
Once Upon a Time in the West (1968)
Out of the Past (1947)
Persona (1966) ◎60年代 最高傑作
Pinocchio (1940)
Psycho (1960)
Pulp Fiction (1994) ◎90年代 最高傑作
The Purple Rose of Cairo (1985)
Pyaasa (1957)
Q - S
Raging Bull (1980)
Schindler's List (1993)
The Searchers (1956)
Sherlock, Jr. (1924)
The Shop Around the Corner (1940)
Singin' in the Rain (1952)
The Singing Detective (1986)
Smiles of a Summer Night (1955)
Some Like It Hot (1959)
Star Wars (1977)
A Streetcar Named Desire (1951)
Sunrise (1927)
Sweet Smell of Success (1957)
Swing Time (1936)
T - Z
Talk to Her (2002) ◎00年代 最高傑作
Taxi Driver (1976)
Tokyo Story (1953) 東京物語 小津安二郎 監督
A Touch of Zen (1971)
Ugetsu (1953) 雨月物語 溝口健二監督
Ulysses' Gaze (1995)
Umberto D (1952)
Unforgiven (1992)
White Heat (1949)
Wings of Desire (1987)
Yojimbo (1961) 「用心棒」 黒沢明監督

« 本名で 「動物 占い」を やって見た! | トップページ | 開かれたサッカー界と閉鎖的な野球界 »

コメント

こんにちは~。
100選、見ておきたい気もしますよね!
私は日本の4本すら、見た事がないです・・・どーしましょ。
古い映画には、それなりの良さもあると思うんだけど
つい、新しいほうへ流されてしまいます。

ともみんさん、こんにちは∈^0^∋
 少しずつ、レンタルしてみようかな?なんて思っています。せめて年代別ベスト作品くらいはね。(ヘ。ヘ)
 くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

私としては「俺たちに明日はない」「タワーリング・インフェルノ」「ブリット」「悪魔のはらわた」「グローイング・アップ」が傑作でしたよ。
最近はおそろしく映画から遠ざかっとるわ。

みけこさん、こんばんは∈^0^∋
ぼくは、ローマの休日かな 今度見に行くから。
シャレードもいいですよね。
 本人が良ければよいと思うのです。
サウンドオブミュージックだって、好きだし、好きだからオーストリアも好きだしね。
 自分がいいと思えば、人の評価はあんまり関係ないかな。でも、見てないものは、見るときの指標にはなりますね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

« 本名で 「動物 占い」を やって見た! | トップページ | 開かれたサッカー界と閉鎖的な野球界 »