2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 窮鼠猫を噛ませてはいけない!バランス感覚は大事! | トップページ | やはり女医さん ね!古田さん! »

2005.05.11

風が吹けば桶屋が儲かる?ではないけれど。

victorinox スイスのアーミーナイフの2社、ビクトリノックスがウェンガー を買収し、経営統合をするとの発表を聞いたときにはびっくりしました。

 それも、何が原因かと言えば、01年9月の米中枢同時テロ後、世界的に航空機の安全対策が強化され、航空機内に持ち込みが禁止され空港の免税店などでの売り上げが激減したことが一番の原因だというのです。

 確かに、機内持ち込みは出来なくなりましたので、とても厄介です。wenger
 ぼくの場合は、ビクトリノックスのスイスチャンプとサイバーツール(PCにも対応できる11の機能をもっているサイバーツール)とカナイはライト付きの「ライト」を持っています。
 アーミーナイフは多機能で旅行では役に立つのですが、航空機内に持ち込めないとなると、本当に不便です。持って行くのをあきらめてしまうこともあります。
  利用者にとっては、たかだか、機内持ち込み禁止なのですが、企業にとっては屋台骨を揺るがしてしまうほどの影響力があったとのことなのですね。
 何が原因で、企業が傾いてしまうのか、まさに「風が吹けば桶屋が儲かる」の逆版だと言えるでしょう。「蟻の穴から堤も崩れる」なのかもしれませんね。

 ウェンガーはビクトリノックス・グループの一員として存続し、ブランド名も残るとのことで一安心をしました。
 ビクトリノックスとウェンガーの良いところを残して、合作の良いものができれば、本当に最高のものができると思っています。特にウェンガーの缶切りは使いやすいです。
  アーミーナイフはスイスがほぼ独占状態になってしまいましたね。
くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~
Rankingは今どのくらい?

追伸:成田空港から米国・サンフランシスコに向かっていた日航機内で3月、乗客の日本人女性がカッターナイフで手首を切っていたことが分かった。ナイフ類の機内持ち込みは禁止されているが、女性は搭乗前の手荷物検査をすり抜けて持ち込んだとみられる。成田国際空港会社は、日本航空に口頭で検査の徹底と再発防止を求めた。(3月23日)5月10日付けにて報道。
 
何で持ち込めたのだろう?ぼくなんか、羽田で何も持っていなくても、靴の仲間でチェックされたのに。こういうことするから、ますます、アーミーナイフの会社の経営が怪しくなるのですよね。
 

PRESS RELEASE

WENGER S.A. STAYS IN SWISS HANDS:
THE BEST POSSIBLE SOLUTION

Delémont, 26th. April 2005 . The Swiss company Victorinox based at Ibach (SZ), one of the world’s leading manufacturers of knives, has purchased Wenger SA of Delémont. Although integrated in the Victorinox Group, Wenger will operate as an independent entity at its existing facility in Delémont in the Canton of Jura. All the personnel at both production sites were notified officially of the takeover on Tuesday. The merger enables Victorinox to strengthen its position in the face of international competition and provides Wenger SA with the financial backing it needs to continue its activities and restructure its operation.

“Keeping the Swiss cross in Swiss hands is the best way to move forward our renowned label with a reputation for superior quality in the world and also to confront the growing competition in the international marketplace,”  said Victorinox director Carl Elsener Jr., on Tuesday in Delémont. Carl Elsener Jr. has joined the Board of Wenger SA.

“What better news could the 150 employees at Wenger and the representatives of the local business community hear this morning?”, said Jean-Jacques Gunzinger, board member of the Jura company. In his judgement, “this is the best possible solution for Wenger”. Now having the support of an important Swiss investor to enable it to master this phase of consolidation.

The challenges to overcome are considerable, Mr. Gunzinger added. Among the most important he mentioned: regaining the markets — this includes repositioning specific products in the marketplace and the development of products based on the image of the “Swiss Army Knife”economies of scale and the exploitation of synergies in manufacturing, information technology and promotion stabilisation of the operational direction of the company in the Canton of Jura return to profitability in 2006 The new Board of Directors of Wenger SA comprises Jean-Bernard Vauclair (Chairman), Jean-Jacques Gunzinger and Carl Elsener Jr. The new team is looking for a Commercial Director.

Key figures
The new Victorinox group employs more than 1,500 including affiliate companies. The consolidated turnover amounts to approximately 400 million Swiss francs. In 2004, Victorinox achieved a turnover of 169 million Swiss francs in the knife manufacturing sector compared with 23 million by Wenger SA.
Between them the two companies manufacture some 25.7 million knifes and export them to around 150 countries on all continents.

« 窮鼠猫を噛ませてはいけない!バランス感覚は大事! | トップページ | やはり女医さん ね!古田さん! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/4052723

この記事へのトラックバック一覧です: 風が吹けば桶屋が儲かる?ではないけれど。:

« 窮鼠猫を噛ませてはいけない!バランス感覚は大事! | トップページ | やはり女医さん ね!古田さん! »