2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 偏った報道!視聴率狙いの報道! | トップページ | 一太郎訴訟 ジャストシステム頑張れ! »

2005.05.09

「香ばしい麦茶は血液をサラサラにする!」って、ホント!?

kagome  いろいろな飲み物がありますが、麦茶の飲用で血液流動性が良くなるらしいです。
 「ジャンクスポーツ」(フジテレビ)で血液さらさら選手権・ドロドロ頂上決戦やってますけれど、元祖ドロドロキング・金村義明さんに飲ませて効果があれば、凄いですよね。
 いつも血液どろどろなんだから。

ターゲット :お茶の味・香りにこだわりのある方に。体にやさしい飲料を求めている方にも。
「六条麦茶 香ばし焙煎 500ml」05年5月24日(火) 発売
くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~
Rankingは今どのくらい?

<以下抜粋> ―カゴメ総合研究所がヒトで確認―       

※実は、カゴメさんに、金村さんにジャンクスポーツで貴社の商品を飲ませて、効果を見てみたいので、やっていただけませんかと提案してあります。難しそうだけれど。

 カゴメ株式会社総合研究所(栃木県西那須野町)は、麦茶の香ばしい匂いの成分である「アルキルピラジン*1類」の多い麦茶の飲用による、血液流動性向上 (サラサラ)効果をヒトで確認したことを明らかにしました。本研究内容は、本年10月27日開催の日本清涼飲料研究会第14回研究発表会(日本教育會館  一ツ橋ホール)において発表いたしました。
  血液流動性の低下は、血栓の形成を促進することなどにより、循環器系の疾患を助長すると推測されています。麦茶の継続飲用により、血液が流れやすく(サラサラに)なることが期待されます。
<研究の背景> 
 日本人の死亡率のトップは悪性新生物(がん)ですが、第二位の心疾患と第三位の脳血管疾患を足すと、がんの死亡率に匹敵します。心疾患や脳血管疾患はい ずれも循環器系の病気であり、動脈硬化症が進行し、血管中に血栓や塞栓*2が形成されることが原因の一つとなっています。血液の流動性の低下は、末梢の血 流を確保するために血圧の上昇を招き、さらに、血液と血管壁との摩擦力(シェア・ストレス)が強くなることなどから、血栓や塞栓の形成を促進してしまうと 考えられます。 以下省略

*1アルキルピラジン
 ピラジンとは、二つの窒素を含む、右図のような六員環構造をもった化合物である。このうち、2, 3, 5, 6位の水素が、メチル基やエチル基といった、アルキル基によって置換されたものをアルキルピラジンと呼ぶ。これらの物質は、血小板内へのカルシウム流入を 抑制することで、血小板凝集抑制作用を示す。 試験管内の実験で、血小板凝集抑制作用が最も強いのは、2, 3, 5位の3箇所にメチル基が付いた構造のものである。なお、アルキル基を持たないピラジンの活性は弱い。
*2血栓と塞栓
 血栓とは、血管内で凝固した血液である。例えば血管が破れて出血が起きると、その部位に血小板が集まって白色の血小板性血栓を形成し、その後、フィビリ ンと呼ばれる繊維状のものが形成されてかさぶたのような、赤色の血栓になる。血管が修復された後には、この血栓は溶解してなくなるが、いつまでも残ってし まうと、血流を妨げることになり、悪影響を及ぼす。動脈硬化症で血管が内側に盛り上がったような部位には、血栓ができやすい。また、血栓が血流により飛ば されて、別の部位の血管を塞いでしまうのを塞栓という。例えば、大動脈などにできた血栓が脳に飛ばされて脳の血管を塞いでしまい、その先の組織が障害を受 けるのが、脳梗塞である。

3MC-FAN
 Micro Channel array Flow ANalyzerの略語である。シリコンチップに、幅7μm、長さ30μm、深さ4.5μmの溝(擬似毛細血管)を並列に8736本作成し、一定差圧下 (20cm水柱圧)にて血液100μLが通過するのに要する時間を計測することにより、血液の流動性を測定する装置であり、現在の独立行政法人食品総合研 究所において開発された。流路を通過する様子を顕微鏡下でモニターできることから、現象を視覚的に捉えられる。マスメディアにおいて、「血液サラサラ」と いった表現がなされるようになったのは、この装置により、血液流動性の測定が容易になるとともに、視覚的に把握できるようになって以降である。 

【日本清涼飲料研究会第14回研究発表会 要旨】参照
麦茶の血液流動性向上作用(第2報)
Amelioratory Effect of Barley Tea on Blood Rheology Ⅱ.
菅沼大行,稲熊隆博(カゴメ(株)総合研究所)
Suganuma, H., and Inakuma, T. (Research Institute, Kagome Co., Ltd.)

 

« 偏った報道!視聴率狙いの報道! | トップページ | 一太郎訴訟 ジャストシステム頑張れ! »

コメント

私も本当だと思います。

“香ばしい”という表現は,人の主観によりますので,適切な表現かどうかはわかりませんが,「麦茶が・・・」は本当だと思います。

久三郎さん、こんばんは∈^0^∋
はじめまして。
麦茶というと、夏の飲み物で、お砂糖を入れて飲んだ記憶があります。
 今はいつでも飲めますね。
麦茶を煮出している香りはいいですね。
 くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~

「砂糖入り麦茶」って,結構多くの人が経験あるみたいですね。

私もトライしてみたいと思います。


久三郎さん、こんにちは∈^0^∋
お砂糖を入れて飲んだことありませんか?
美味しいですよ。
今はしませんけれど。
くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/4008657

この記事へのトラックバック一覧です: 「香ばしい麦茶は血液をサラサラにする!」って、ホント!?:

» ○大分から麦茶の風を! [農学博士の麦酢社長日記]
今日,三和酒類が今年始めて行った「西の星2005」贈呈式に出席してきました。 「西の星2005」は,平成16年に収穫された大麦・ニシノホシの中から 最も焼酎生産に適すると評価された大麦だけで作ったむぎ焼酎。 「西の星2005」の特徴は,単一の畑で生産された大麦だけで生産したということ。 こういう試みは,おそらく日本初だと思います。 贈呈式では,選ばれたニシノホシを生産した農家の方に感謝状と 自分の畑で出来たニシノホシで作った焼酎「西の星2005」が 三和酒類から贈呈され... [続きを読む]

« 偏った報道!視聴率狙いの報道! | トップページ | 一太郎訴訟 ジャストシステム頑張れ! »