2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 書店でトイレットペーパー販売?! | トップページ | 公務員の常識は、一般人の非常識!! »

2005.11.09

Google 次は既に ネット図書館へ!「Google Print」

 書籍は実際に手にもってくつろいだ格好で読みたいというのがぼくの本音です。
 でも、BLOGのネタに使ったり、資料としてパソコンに向かって使うときは、とても便利な機能ですね。パソコンの画面が大きくないと使いにくいでしょうが。

 もう、その様な時代が間もなく来るのです。

 インターネット検索の雄Googleが図書館の蔵書の内容をオンラインで検索できる『バーチャル図書館』に対し、作家の著作権を侵害するとして 米国出版社大手五社など(作家団体のAuthors Guildや米国出版者協会(AAP:Association of American Publishers))が図書館の電子画像をネットで公開することの差止請求等の訴訟をしていたのです。

 しかしながら、Googleは,著作権を問われない書籍を「Google Print」(書籍本文検索プロジェクト「Google Print Library Project」)で全文検索・閲覧可能にしたのです。

 「著作権を保有しない,または著作権が消滅しているため,全文を検索および閲覧可能。各ページの画像をダウンロードすることもできる」(Google)。
 ちなみに著作権付き書籍の場合,Google Printの検索結果で閲覧できる範囲は検索キーワードを含む数行に制限されるのだそうです。

 まあ、Microsoftもいつものように二番煎じで追随してきましたね。
 大英図書館との提携では、来年までに約10万冊の蔵書をデジタル化することになっている。著作権保護期間を過ぎた書籍がデジタル化され、新しいMSN Book Searchサービスから2006年より検索できるようになる。 
 屋台骨が怪しくなっていますから。ただ、Microsoftって、独創性がないですね。

 そしてAmazonも販売書籍を対象とした全文検索サービスを開始します。
 内容的には、Googleとほぼ同じです。なんとなく、システムはGoogleのものみたいな気がします・・・。

  閲覧できるのは、検索でヒットしたページから前後2ページ分に限られ、別の検索語で閲覧を繰り返しても全ページの閲覧はできない仕組みになっている。 
 書籍内を閲覧するには過去に同社で商品を購入したことがあるのが条件で、サインインしておく必要もある。「著作権保護のため制限をかけながら、利便性とのバランスをとった」(Amazon)
  ただ、アマゾンは検索だけでなく『書籍ばら売り』もする予定です。
 書籍で必要なページや章だけをばら売りする有料サービスを開始する計画を発表したのです。この検索システムとの連携で可能になったもので、来年中にサービスを開始、料金は内容で設定し、まだ未定だそうです。

  ネットによる利便性が高まれば高まるほど、情報弱者といわれる方々との、情報格差が広がってきます。
 なんとかしてあげたいのです。ここ数年で格差がものすごく開いてしまいそうですね。 ぼくたちも情報弱者にならないよう努力しなければいけませんね。

 さあ、日本のバーチャル図書館はいつ頃できるのでしょうか?

※『バーチャル図書館』は、スタンフォード大学,ハーバード大学,ミシガン大学,ニューヨーク公立図書館,オックスフォード大学の図書館とGoogleが提携し、蔵書をデジタル化してネット上での閲覧を可能にするサービスのこと。

canvas Googleの全て

幸運の招き猫

くまさんことくまボンでした!
Rankingは今どのくらい?
←皆様 神様 招き猫クリックしてね!

◆キーマンズネット◆無料会員制!企業で導入するIT製品選びをサポート◆

« 書店でトイレットペーパー販売?! | トップページ | 公務員の常識は、一般人の非常識!! »

コメント

こんばんは~くまさん

ネット図書館も、普通の図書館も、作家さんにとって
受難な時代が来ているそうです。

私の大好きな『桐野夏生』さんが
せっかく自分の身を切り刻む様に小説を書いても
図書館のおかげで印税が入ってこないと嘆いていました。
私たちはネットによって格段の便利さを手に入れましたが
物を書く人たちにもいい分はあるようです。
私も何とか救済の道が開けたらよいと思っていますが。
私たちにとって無料はありがたくても
著作権の問題もありますし・・・・・

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
著作権は一体どうなるのでしょうか?
ぼくは書籍については やはり本で読みたいですね。
目に優しいですし、寝ころびながらでも読めます。
(^-^)
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

確かに小説などは家で本の形でゆっくり読みたいです。
でもブログを書いていて、急に調べたい時なんかはネットで中身がちょこっと見れるといいな~などと思っていました。
でも書くことが仕事の人にとっては大変な時代になってるんですね^^;

ちびはむさん、こんばんは∈^0^∋
小説は、書籍で。
調べ物はネットでしょうね。
便利になるのはとても良いですけれど。
著作権者は大変でしょうね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/6957571

この記事へのトラックバック一覧です: Google 次は既に ネット図書館へ!「Google Print」:

» グーグルの新しい挑戦「ネット図書館」 [こころの声を聞く]
本日の読売新聞を読んでいると、検索サービスの最大手グーグルが「ネット図書館」という新しいサービスを開始したとの検証記事がありました。グーグルは私も良く使っていますが、これがわずか7年前に設立された若い企業だということは知りませんでした。しかも創業者の2人ともまだ30歳前後。「ネット図書館」とは、世界の図書館の貴重な蔵書をグーグルがスキャナで読み取って電子化し、ネット上で検索・閲覧できるようにし... [続きを読む]

« 書店でトイレットペーパー販売?! | トップページ | 公務員の常識は、一般人の非常識!! »