2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« デジタル製品はSurvivalレースまっただ中 イーヤマ民事再生法申請 | トップページ | 書店でトイレットペーパー販売?! »

2005.11.08

ネットでは防げない、悪質リフォーム対策!!

 悪質な住宅リフォームによる被害を防ごうと、リフォーム業界団体や、財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターが『知っておきたい!悪質事業者の手口』というホームページを用意して、販売手口や誘い方を紹介しているのだが、残念ながら「高齢者の情報入手の手段」を全くわかっていない!!

 まさに『仏作って、魂入れず』なのです。
 だから、お役所仕事になってしまう。

 皆さんは、高齢者(65歳以上の方)の方が情報を入手するときの手段は、なんだと思いますか?
 一番は
友人・知人からの紹介     56.3%
・都道府県や市町村の公報誌   6.4%
・新聞・テレビ・雑紙          6.1% 
インターネット          1.8%
(※内閣府『高齢者の社会参加の促進に関するアンケート調査』より引用) 
なのです。
 皆様は、インターネットがないと生きていけないというパソコン依存症の方々だと思います。実はぼくもそうなのです。ですから、最新の情報、重要な情報ははネットから入手しているのです。
 ところが、様々な情報をより多く入手して欲しい高齢者の方々の情報入手手段は「友人・知人」からの口コミ情報なのです。
 情報が古くなっていたり、もしかすると脚色されているのです。
 まさに、情報弱者なのです。

 仮に、高齢者の方々がインターネットを見られたとしましょう。
 ぼくが、以下の3カ所を実際に見に行ってみました。
 どれひとつとして、それとはすぐにはわからないのです。
 また、電話番号がどれひとつとして掲載されていない

 ぼくもそうですが、急ぎの時などは、メールなどはまどろっこしいのです。
 すぐに聞いて、答えて、助けて欲しいときなどは 電話が一番なのに、電話番号が記載されていないのです。
 これは、インターネットの過信です。

 たまに、ニフティ ココログに不具合のあるときなどは、やはり電話をします。
 なぜかというと、メールではらちがあかないことをよく知っているからです。
  相談には リアルな世界ではないと対応できないのです。

 もっと、高齢者の身になって、情報公開をして欲しいですし、情報弱者という方々、すなわち高齢者の方に情報ツールの操作を教えてあげたいのです。
 国のやり方は、予算をつけておざなりにやっているのが殆どです。

ぼくにやらせてくれれば、有効で尚かつ、安価で効果的な対策を持っているのにね。
 ユビキタス社会を推進するには、高齢者の方々の情報入手先の殆どがインターネットからにならないと、実現は不可能でしょう。

なぜ、道具の使い方を先に教えてあげないのでしょうか?
(以前国の予算でやっていたけれど、全く効果が出なかった。)

 情報を垂れ流していても、受信する方法がなければ、知らなければ、予算の無駄遣いなのです。

 以下の文章を読み、そして、対象のホームページにいって、記載されているところにスムーズにいけるか試してみて下さい。
 ちなみにぼくは、国土交通省では、行き着くことができませんでした。

canvas 悪質リフォーム対策書籍

MouseComputerƒƒS 88x31

幸運の招き猫

くまさんことくまボンでした!
Rankingは今どのくらい?
←招き猫クリックしてね!

--------------------IT PLUSより全文引用11月7日
ネットで防げ、悪質リフォーム
 悪質な住宅リフォームによる被害を防ごうと、相談を実施しているリフォームの業界団体、財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター(東京・千代田)は「知っておきたい!悪質事業者の手口」というページを用意して、販売手口や誘い方を紹介している。国土交通省は公式サイト内のコーナー「悪質リフォームに対する国土交通省の対策について」で各都道府県、政令市の相談窓口を掲載した。
 国民生活センターは「悪質な『訪問販売によるリフォーム工事』にご用心」と題して対策を指南している。主な相談事例の中身は具体的だ。専門家がアドバイスするタイプの情報提供サイト「オールアバウト」では「介護」サイトでは「悪徳リフォームにご注意!」と銘打って高齢者につけこむ手口を暴露した。
--------------------

財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター
国土交通省
国民生活センター

« デジタル製品はSurvivalレースまっただ中 イーヤマ民事再生法申請 | トップページ | 書店でトイレットペーパー販売?! »

コメント

こんばんは~くまさん

私の周りでも、インターネットをやっている人って、
極めて少ないですよ。
若い人がやっていないのに、高齢者なんて、
やれるわけもありませんよね。。
今は汗水たらして働くのは、馬鹿な人がする仕事ですか?
頭のよい人の勝ちですね。
価値観が変わってきましたから
そして、真面目に生きてきたお年寄りたちが被害続出です。
もっと、守る術を教える必要がありますし、
ボケ防止の意味でも、ネットの操作を教えて情報を取得する事も
考えなければなりませんね。

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
インターネットだけに頼るのは、やはり現状無理ですよね。インターネットで情報を配信するのでしたら、高齢者に情報入手方法を教えてあげないと無理なのですよね。
 なんとかしなくちゃ、ますます 悪徳業者の餌食になってしまいます。
 くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

国土交通省は見つけにくかったですね。

インチキではありませんが、
国民生活センターのリンク集のほうに
記事へのリンクがありましたので、
そちらから、「この辺」と検討をつけて
探すと見つかりました。

が、電話番号ってないですね。
ていうか、役所って電話すると、
「くるくる回される」
というイメージしかないのですが・・・。
実際に足を運ぶとすぐ済む内容なのに。

さじったさん、こんばんは∈^0^∋
ありがとうございます。検証していただいて。
本当に分かり難いでしょ。
使い慣れている人でも探せないとしたら、初心者には探し出すことができませんよね。
 電話もたらい回しがありましたね。
 なにをやっても駄目で。訪問だけでしょうか。
 困ったものですね。
 くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/6955582

この記事へのトラックバック一覧です: ネットでは防げない、悪質リフォーム対策!!:

» 悪質リフォーム:ノルマ下回れば罰 マニュアル押収 [東急リバブル東急不動産被害者の会]
大手住宅リフォーム会社「幸輝」(大阪府吹田市)のリフォーム詐欺事件で、同社が新規顧客獲得が最も多かった従業員を「月間MVP」として表彰する一方、 ノルマが達成できない場合「罰ゲーム」を科していたことが、埼玉県警生活環境2課の調べなどで分かった。 同課は同社東京支店の家宅捜索でセールストークのマニュアルなども押収しており、同社が「アメとムチ」を使い分け、 組織的に強引な営業手法を展開していたとみて、上層部の関与についても追及する。 毎日新聞 2005年11月11日 ... [続きを読む]

« デジタル製品はSurvivalレースまっただ中 イーヤマ民事再生法申請 | トップページ | 書店でトイレットペーパー販売?! »