2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 月の土地と火星の土地の所有者に? | トップページ | ホリエモンのCM 想定内!? »

2005.12.28

まったく遅い!郊外大型店出店規制

 何を今頃になって、180度方向転換をして郊外型大型店の規制をするのだろう。
  今回の大型店の郊外型出店規制が、高齢化社会に向けての対策ならば、納得ができるのです。商店街の育成ならば本当によいのです。

 政府・与党は郊外における床面積が1万平米を超えるスーパーなど大型商業施設の郊外進出を規制する都市計画法改正案を来年の通常国会に提出する方針を決めたのだ。
  まったく、遅いとしか言いようがない。
 中心市街地がこのように疲弊してから、瀕死の状況になってから、カンフル剤を打ったとしても、間に合わないのです。
 すでに、皆さんのお近くの商店街の状況を見れば一目瞭然なのです。
 商店街はシャッター通りと化しており、後継者もサラリーマンとなり、すでに存続は不可能なのです。

 その第一の原因はひとえに日米通商摩擦を背景に90年代大型店から圧迫される商店街を保護するための大規模小売店舗法を緩和し、事実上撤廃にしてしまったがために商店街からは買い物客の姿が減り、一店舗、また一店舗とシャッターを下ろし、地元経済を停滞させることになってしまったのです。
 要するに、米国の玩具チェーン店「トイザらス」の出店を皮切りに、ほとんど無制限に国内外の大型店が我が物顔に市街地・郊外等に大型店を作ったのです。

 90年代はまだ、高齢化が進んでいなかったので、大型店も出店すれば収益を上げることができました。
 じつは、消費者も近代的な商業施設ができることで、旧態依然の商店街を見捨て、利便性に走ったのです。商店街個別店舗の経営体質の悪さも拍車をかけたことは否めません。
 しかし、消費者には目先のことしか考えていなかったのです。
 なぜならば、大型店は採算が合わないとなれば、さっさと地元の消費者の利便性など全く考慮せず、市街地店舗は閉店、撤退するのです。
  反面、大型店は出店するときには「景気の拡大、消費者の権利が守られていない」という錦の御旗を盾にエゴを言い続けているのです。

 高齢化社会が進む中で、ターゲットを誤ったスーパー等も思うように収益が伸びなくなった。その対策手段として効率化を求め郊外に出店するようになったのです。これが再度、集客力のなくなった地元商店街に経済的な打撃を与え、町にも魅力を失わせ、最後には地元消費者にも徒歩などで気軽に行けるという利便性を奪ったのです。

 急激な高齢化社会進展のいま、余裕のある高齢者の方々は利便性の高い都市部に住み替える人たちが増えています。
 当然のことながら、高齢化してくると購買行動が変わってくるのです。
 不必要なものは、買わなくなるのです。

 国も自治体も、ゼロ成長社会に対応した高齢者に優しい町作り、商店街と共存共栄できる町作りが いま 本当に求められているのです。

 商業施設が大型店とコンビニエンスストアだけの町、最後には商業施設が何もなくなってしまった町って、どこかおかしくないでしょうか?

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!

« 月の土地と火星の土地の所有者に? | トップページ | ホリエモンのCM 想定内!? »

コメント

こんばんは、くまさん

わが市も、とうとう駅前ががらんどうになりました。
駅前に大手のスーパーがあったのですが
撤退してしまいます。
商店街は見るも無残な状態です。
地方都市が壊れています。
ちゃんとしたお買い物は名古屋まで出かけますから若者はいいのですが
お年寄りにとっては住みにくい町かもしれません

> 商業施設が大型店とコンビニエンスストアだけの町、最後には商業施設が何もなくなってしまった町

このあたりを、もうちょっとちゃんと説明してくれませんか。
大型店とコンビニだけになってしまうと、なぜ最後にはそれらさえもなくなってしまうのか。
いい問題提起だけに、尻切れトンボのようで後味悪いです。

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
集客力のない町、都市は残念ながら、20年というスパンで食いつぶされていくのです。
 ひどいものですね。そして、収入が見込める町に移動する。まさに、スクラップアンドビルドなのです。
困ったものです。
 高齢者には大変な時代がやってきます。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

エドワード・ヴァン・ヘイレンさん、こんにちは∈^0^∋
この続編は書きます。ヾ(@゚▽゚@)ノあははは
この問題は、大型店出店規制も問題ですが、もっと性質が悪い人たちがいるのです。それは行政。固定資産税等の税収がほしくて、実は大型店の誘致合戦をしているのです。そしてコンビニエンスストアの高齢化、後継者難などで、ローソンが24時間制を撤廃するなど。
 もう、大型店、コンビニエンスストはなき住宅地だけの町が出来上がりつつあります。
 年明けにでも書きますね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

はじめまして。
長野でも大型店出店問題がありましたが、今月になって、今後の指針なるものが発表になりました。高齢化した農業従事者の気持ちや、ようやく立ち上がった地元商店街の店主たちの取り組みの両方を考えると、なかなか難しいです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/7872632

この記事へのトラックバック一覧です: まったく遅い!郊外大型店出店規制:

» 【大型店出店計画…】 [ひろさく「Daily News」]
七日の市長臨時記者会見( 参照: 長野市ホームページ )において、イオン(株)等の計画していた大型店出店問題について、「農業振興地域」への出店に対し、「(農業振興地域の)計画を変更して積極的に出店を支援してゆくことはない」という判断を示しました。 これ...... [続きを読む]

« 月の土地と火星の土地の所有者に? | トップページ | ホリエモンのCM 想定内!? »