2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 2001年版ですが、犬占いをやってみた。 | トップページ | 目薬と鶴の恩返し »

2006.01.04

CASビレッジ(食の発信基地)のその後は?

 その後のオランダ村の跡地、つまり CASビレッジ(食の発信基地)のその後は一体どうなっているのだろう。
 第二の廃墟となっているのだろうか?

 潰れるべくして、潰れた企業なのだが、まさかこんなに早く倒産するとは思わなかった。
 オープンするときも、全くの準備不足で、長崎空港にも案内はなく、ホームページも前日迄トップページしかなかった。その後、内容はほとんど更新されず、準備不足も甚だしいものがあったのです。

 オープニングセレモニーには県知事を初め、行政関係も大勢出席してたのです。

 過去の記事でも書いたのですが、それでも2年くらいは持つと思ったのですが、約半年しか持たなかった。 

 小林敬という人は、NTVマネーの虎にも出演し、かなり大きな態度、そして社員に対しても罵声を浴びせていたのが印象に残っていました。
 この小林氏ではなくても、立地条件、事業内容等から無理だと思っていたのに、何故、この事業に小林氏が着手したのか?全く判らなかったのです。

 さて、飲食業界の革命児といわれて小林氏は今、一体どこで何をしているのでしょうか?
 
小林氏を賛美する過去記事はいくつか検索で見つけることができるのですが、小林氏自身のHPはなくなっています。

 もう、すでに倒産してから、数ヶ月が経過し、新たな年を迎えているというのに、最高経営責任者である小林敬氏から、何も説明責任が果たされていないのです。

 昨年12月になり、漸く小林敬氏が事情説明をする意向を伝えてきたというのです。
 しかし、日程は定かではないのです。

 今回の倒産劇で、小林敬という人間像がはっきり浮かび出されたように感じるのです。
 最高経営責任者の事業に対する説明責任は最重要課題なのです。

 いざ と言うときに その人の人間性が露呈します。
 これから起業する立場としては肝に銘じなければいけないことです。

 一体、小林敬氏はどのような事情説明をするのか楽しみです。

 追伸:やはり、第三セクター方式は成功しないですね。「旧西彼町が信頼して土地と建物の賃貸契約を結び、西海市としても期待していた。きちんと事情を説明すべきだ」と市長は話したそうですが、過去の経緯から過大な期待をしたこともたしかなのです。
 自分たちがオランダ村という第三セクター方式で失敗したことを棚に上げてはいけません。自分たちの失敗の尻ぬぐいをさせておいて!という印象は拭えないですね。

<くまさんの自立>
・オランダ村のその後!?(2005.02.17)
・CASビレッジ開園セレモニーしましたね。お手並み拝見!!(2005.03.18)
・CASジャパンが自己破産したのですね。持たなかった?(2005.10.04)

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!

« 2001年版ですが、犬占いをやってみた。 | トップページ | 目薬と鶴の恩返し »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/7992121

この記事へのトラックバック一覧です: CASビレッジ(食の発信基地)のその後は?:

« 2001年版ですが、犬占いをやってみた。 | トップページ | 目薬と鶴の恩返し »