2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« アフィリエイトをやる方の必読書! | トップページ | 今日はなんの日だったの?01.21 »

2006.01.21

米国で 検索エンジンのトップはGoogle!

new_logo Keynote Systemは米国時間1月19日に,検索エンジンに関する調査結果を発表し、それによると,Googleが引き続き首位を獲得。2位のYahoo!も勢いよく追い上げているのです。

 各種検索エンジンが画像や地域情報などの領域にもサービスを広げる中,両社が大きくリードしています。

 ここ数ヶ月、実はぼくのブログの解析状況で、以前はダントツでGoogle検索で来る人が多かったのですが、最近は、GoogleとYahoo!の検索がほぼ、同数でならんでいるのです。

 どちらかというと、ぼく自身が いろいろ検索するときには Googleの方が検索しやすいく、ヒット率も高いという感じがするのです。
 でも、米国でこのようにYahoo!が検索エンジンとして強力な2位にいるとなれば、比較しつつ使ってみる価値はありますね。

 サンプル数2000名のユーザー,検索エンジンの利用状況に関するアンケート結果をもとに,主要検索エンジンの応答性や信頼性など13項目について,2005年10月後半に分析を行ったものです。

 Google Still King of Search; Clear Favorite Across All Search Categories, New Keynote Study Reports

  • Yahoo!, a Strong Second, Most Competitive with Google in Local & Image Search
  • Ask Jeeves Jumps in Brand Perceptions When Consumers Try its Site and Improves in Search Quality
  • MSN Improving in General Search Quality & Presentation of Sponsored Results
  • AOL's Strength Lies with its Subscriber Base
  • Fourth Wave of Keynote Study Offers In Depth Look at Key Success Factors

Keynote Customer Experience
 RankingsSearch Engines


1

Google

2

Yahoo! Search

3

Ask Jeeves
(AOL Search subscriber site*)

4

MSN Search

5

AOL Search public site

さて、あなたはどちらを使っていますか?

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!

詳細は下記ホームページよりご確認くださいね。
http://www.keynote.com/news_events/releases_2006/06jan19.html

SAN MATEO, Calif., — January 19, 2006 — New competitive intelligence from Keynote Systems (Nasdaq: KEYN), The Internet Performance Authority®, documents the continued leadership and improvement of Google and Yahoo! in the search engine industry as search companies continue to further expand their services in areas such as image and local search.

The Keynote Customer Experience Rankings for Search Engine Sites is based on an examination of 2,000 consumers as they searched and performed relevant tasks on the AOL Search (NYSE: TWX), Ask Jeeves (Nasdaq: IACI), Google (Nasdaq: GOOG), MSN Search (Nasdaq: MSFT), and Yahoo! Search (Nasdaq: YHOO) sites. Keynote also performed the first ever service level study examining the responsiveness and reliability of the leading search engine sites. This is Keynote's second year studying the search engine industry and the first to examine the online consumer experience with image and news searches. The study was conducted over a two-week period in late October 2005.

以下省略

« アフィリエイトをやる方の必読書! | トップページ | 今日はなんの日だったの?01.21 »

コメント

そうねぇ、googleはよく使いますよ。
これはアルファベットで打てば世界中のサイトから出てくるので結構範囲は広いですね。
国内ではY!を使っていますが、細かいところではやっぱりgoogleですね。
USAはY!が主流かと思ったけど、2位だったんですね、しらなかった・・・(^^)。
余談ですがY!のUSAもIDを持っています。
まあゲームするためにとったんですがね(^^;。

HM-LINEさん、こんにちは∈^0^∋
Googleのすごさって、ありますね。
何となくですが、Googleの方が検索しやすいですね。
余り比較はしたことがないですけれど。
両方で、同じ単語で検索すると、やはりGoogleの方が使い勝手がいいですね。
 すごいですね。Yahoo!のUSA ID (*^.^*)エヘッ
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

私はずーっとYahoo派なんですよねぇ。
でも、2,3ヶ月前から、Yahooの検索の質がすごく落ちたんですよね。
なので、Yahooで検索してから、失敗したーとGoogleに変えることがあります(^^;;
クセが抜けたら、Googleになるかしら・・・。

ともみんさん、こんばんは∈^0^∋
Yahoo!も検索手法を変えたと聞きます。
ですから、きっと 今までの検索方法ではヒット率が良くないのかもしれませんね。
 アルゴリズムの変更って、意外と使い勝手が左右されますね。
 ぼくは、ほとんど Googleですからね。
 でも、最近、Yahoo!でぼくのブログを検索してくる方が多くなりました。何ででしょうね。
 くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/8254791

この記事へのトラックバック一覧です: 米国で 検索エンジンのトップはGoogle!:

« アフィリエイトをやる方の必読書! | トップページ | 今日はなんの日だったの?01.21 »