2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日はなんの日だったの?01.24 | トップページ | 意外 企業評判ランキング 3位?Google! »

2006.01.25

言わなきゃいいのに! 危険性は交通事故より・・・

pen お馬鹿さんですね、としか言いようがない。
 日本人の食に対する感覚が全く分かっていないのです。
 米国産牛肉の再禁輸措置を巡る日米両政府の局長級会議後(24日)の記者会見で次のように牛海面状脳症(BSE)の危険性についてぺん農務次官が語ったのです。

 『車でスーパーに買い物に行って事故に遭う確率の方がよほど高い。その事実を日本の消費者に伝えたい
 裏を返せば、あたる確率があると言うことなのです。
 ちなみに日本人が交通事故に会う確率0.7%前後だそうです。仮にBSEでたとえると1億2千万人が米国産牛肉をたべてBSEにあたると人数は840,000人になります。
 これって、すごい数字ですよね。
※日本人が1年間で交通事故に遭う確率の算出方法 日本の人口1億2768万7000
人(平成16年10月・国勢調査)÷交通事故95万2191件(平成16年・警察庁調べ)=0.7%

   この言葉を聞いた途端に、この農務次官は申し訳ないが お馬鹿さんとしか思えないのです。日本の食に対する 過敏というくらい、過剰というくらいの神経質さを全く知らないとしか言いようがないのです。 味は当然のことながら、さらに次のことを求めるのです。
 ・清潔感 ようは見た目を大事にするのです 
 ・鮮度 ようは賞味期限 消費期限 にこだわるのです。 
 そして 安全性にたいしては ものすごく 100%安全
ではないと買わないというのが普通になっているのです。

 日本人は食に対しては様々な用件で年々『潔癖性』になっているのです。

  いつの頃からでしょうか?
 アメリカでは、マクドナルドが味の品質を落とさないようにとコーヒーなども一定の時間が経過すると破棄するなどが開業当初 話題になった国ですから、通常の品質管理はルーズな国なのかもしれませんね。
 日本はヒステリックなくらいの品質管理をしているのです。

 じつは、それに拍車がかかっているのは企業の影響もあるのです。
 コンビニエンスストアのお弁当も賞味期限の数時間前には店頭から撤去し廃棄の準備をするのです。
 最近の例で多いのは、商品の品質に問題が無くても、容器に記載されている賞味期限、消費期限の日付の打ち間違いでも、回収し返金しているのです。
 そして、回収した商品は廃棄するのです。
 これって、すべて『もったいない』ですよね。
 でも、日本人は『もったいない』よりも食に対しての『安全性』を異常に重視しているのです。

 だれも、交通事故にあいたいと思って運転している人はいないのです。交通事故は、自分自身で防げない不可抗力もあるのです。

 しかし、BSEについては 安全なものしか食べなければ100%近く安全なのです。
 完全にBSEにかからない方法は食べないことなのです。

 交通事故の比喩は、安全性のたとえには全くなっておらず、ますます米国の検査態勢に疑問を持ち、食に対する認識の違いをあらわにしただけなのです。

 この、認識が変わらない限り、危険部位混入は無くならないかもしれませんね。

 日本の消費者の神経を逆なでしてしまった一言なのです。
  そして、だれも、牛肉を食べてロシアンルーレットのようにBSEに当たりたいなんて思っている人はいないのです。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!

« 今日はなんの日だったの?01.24 | トップページ | 意外 企業評判ランキング 3位?Google! »

コメント

うーむ・・・(--メ)  ロシアンルーレットなんてイヤだー  ヾ(▼ヘ▼)シ ヤダィヤダイッ
そういう神経では日本に肉は売れないぞ~
ね、くまさん
約束は守ってもらいたいなりねー

この発言について、あちこちで話題沸騰ですね。
しかし、何を考えているのやら。
(私にはさっぱり分かりません)

「マーケット戦略」とかいう手法は、
欧米のお手の物だったのは、
昔の話なのでしょうか?

マーケットを考えれば、
「安全性」
に対する異常なほどの関心が分かると
思うのですけどねぇ・・・。

お国柄の違いですかね?
でも国を代表する人が言っちゃダメですよね^^;
確かに交通事故は不可抗力で起きてしまう場合が多いですが、牛肉輸入問題はちゃんと検査をしてくれればゼロに出来るんですからね~。
そこらへんをきっちりと話し合って欲しいですね。

こんばんは~くまさん

アメリカ人の食にたいしてのいい加減さ、大雑把さには驚かされますね。
自国でも、こんないい加減なやり方の牛肉を食べているのでしょうかね?
何年かしたら、アメリカ人はたくさんの人がヤコブ病に侵されているかも。
そうなってから、ようやく分かる時が来るかもしれませんね。

ビビさん、こんにちは∈^0^∋
お肉を食べてBSEに誰も成りたくないですよね。
宝くじに当たるのなら誰しも喜びますけれどね。
アメリカ人は、BSEの認識がないのかもしれませんね。
( ̄∀ ̄*)イヒッ
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

さじったさん、こんにちは∈^0^∋
いやー、アメリカと日本の食の考え方の違いが、如実に表れましたね。
 肉を売りたくてしょうがないという一点だけですね。
 日本は潔癖性ですから、そう簡単にはいかないと思います。とくに、主婦の方々が。
 くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

ちびはむさん、こんにちは∈^0^∋
いくら何でも、発言していいことと悪いことがありますよね。おバカさんなんだから。
 食の安全性を無視する発言ですね。
 困った人です。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
なんか 食に対しては 特に牛肉に対しては どこか中国の農産物の感覚に似てます。
 牛肉を買えばいいんだ!なんて 心の底で 思っているから、こんな発言が出たのでしょうね。
 バカなお役人!
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

こんにちは。根岸のねこです。
アメリカ牛に対する日本人の安全性を求める意見は、アメリカから見れば理解しがたいようです。
現時点では、アメリカ政府もそのことを理解していて、日本に対して低姿勢でいます。
怖いのは、アメリカ人のプライドの高さは、ある点を過ぎれば、現実の恐怖を与える力に発展するということです。

日本でもおなじみのT.クランシーの「日米開戦」という本のなかで、燃料タンクの不具合で一家が焼け死んだ事件をきっかけに、日本車の輸入差し止めにまで発展した事件が書かれています。最後にはこれを引き金に日米の戦争が起こってしまいます。

アメリカは好景気ですが、自動車産業は非常に苦しくなっており、好調な日本車に対し、強い反感を持っています。
食の安全を守りながら、アメリカの爆発を防ぐのは難しいですが、その難しいことをやり遂げないと、もっと驚くような貿易摩擦が待っていることを、政治に携わる人には肝に銘じて欲しいです。

根岸のねこさん、こんにちは∈^0^∋
アメリカのバッシングは、強烈ですね。
たとえそれが ポーズであっても。
 でも、今は日本車たたかれると アメリカの消費者が困ることになりそうですね。
 経済は難しいですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/8328240

この記事へのトラックバック一覧です: 言わなきゃいいのに! 危険性は交通事故より・・・:

» 欧米化した食文化は貴方の肥満を助長する(動画) [プールサイドの人魚姫]
マクドナルドが日本にオープンしてから35年。今は子どもからお年寄りまで幅広く愛されている。米牛肉問題で揺れている日本だが、輸入されている物は他にも数多くある。マックの肉がミミズだとしてもBSEより遙かに安全。自分の口に入る物が一体何なのか余り追求すると食べられる... [続きを読む]

« 今日はなんの日だったの?01.24 | トップページ | 意外 企業評判ランキング 3位?Google! »