2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日はなんの日だったの?01.29 | トップページ | 見てきました!フライトプラン! »

2006.01.30

ゴーログさん、どうしたの?日本振興銀行

 今日の朝日新聞を見て、驚きました。 

日本振興銀行 「簡略審査で融資」木村会長親族会社に
 という見出しが躍っていた。
 内容は日本振興銀行木村剛会長の親族会社をめぐる融資問題で、昨年3月の融資の際、会社の代表者による個人保証や倒産の危険性の算出など社内規程に定めている審査の手続きが省かれていたとのことなのです。

 これは本当なのでしょうか?
  『我田引水』
  もしこの内容が本当ならば、とても残念ですね。

 債務超過に陥っていても、経営改善計画等の提出を求め、借り入れ金による運転資金の充当で、改善の見込みがあれば融資は実行されることも当然ありますから、債務超過だから融資が不適切と言うことには全くならないのです。
  債務超過という点にだけ、目がいってしまいますとほとんどの中小企業の融資は実行されないと言っても過言ではないのです。
 ご存じの方も多いと思いますが、特に中小企業では代表者の経営能力、保証能力等も勘案して、法人と代表者個人との両面から総合的に見るべきなのです。
 また、極端な方は、法人決算を作為的に赤字にしている場合もあるのです。
 しかし、ご本人に会うと、代表者報酬等や家賃収入等で多めにとり、法人は赤字、個人は黒字なんてことがあるのです。そして、普通のサラリーマンより良い生活をしていたりするのです。
 融資は難しいですね。中小企業は人的素材をいかに見極めるかが、大事ですね。
 Computerによる経営分析では融資の判断材料としては精々50%くらいしか役に立たないというのが実感です。
 特に小規模零細企業の決算報告書の数字は 見えない数字をいかに見極めるかが、融資担当者の方々には必要ですね。

 さて、今回の問題点は2点
 ・なぜ、自分の関与している銀行で借り入れをしたのか?
    言い換えれば、どうして、他行で借り入れ手続きをしなかったのか?
 ・なぜ、簡略審査にしてしまったのか? 
    自己に関連していればしているほど、毅然とした態度で事に当たるのが本来の姿です。

 ゴーログサン、この内容が本当ならば 残念ですね。
 多分、他銀行に運転資金の借り入れ相談を申し入れても、借り入れは実行されたのではないでしょうか?
 他銀行で借り入れ申し込みをするべきでしたね。

李下に冠を正さず』『瓜田に履を入れず』という言葉があるのはご存じなのに!
いろいろな意味で『李下に蹊径無し』という姿勢は固持してほしいのです。

本当に どうしちゃったの、ゴーログさん!

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!

« 今日はなんの日だったの?01.29 | トップページ | 見てきました!フライトプラン! »

コメント

はじめまして☆
結構wいたる所で見かけたりなんかしてますw
いつも楽しみにしてますよーーーーーー!!!
勉強させられる!学ぶべき事が多い!!!
密かにファンなんですw

せみ丸~さん、こんばんは∈^0^∋
そのように仰っていただけると、照れます。
(*^.^*)エヘッ
ぼくも遊びに行きますね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/8412501

この記事へのトラックバック一覧です: ゴーログさん、どうしたの?日本振興銀行:

« 今日はなんの日だったの?01.29 | トップページ | 見てきました!フライトプラン! »