2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 豪雪地帯でも大変なのですね! | トップページ | たとえ半額でも、買うのはどうか! »

2006.01.11

施策担当者は小規模零細企業の現場を見るべし!

目聡い中小企業はあえて中小企業というスタンスを変えないで、メリットを享受しようとしている企業もあるのです。
 しかし、日本経済を体でたとえるならば、小規模零細企業は毛細血管なのです。この零細企業が日本経済を支えなければ、動脈硬化を起こしたり、経済という血液が隅々にまで流れてくれないのです。
 資金繰りはまさに体で言えば血液なのですが、金融機関の貸し出しについても、小規模零細企業の方々には 未だに冷たいのです。
 晴れていても、傘なんか貸さないのが現状です。よく調べもせずにね。

 政府がいくら貸し渋り対策を施したとしても、その現場の状況を全く知らない人たちが机上で政策を作っている人たちばかりなのですから、対策は絵に描いた餅でしかないのです。

 相変わらず、貸し出す場合と言えば、その金融機関に対して、預金が借入金と相殺できるだけの金額があること(与信能力、預金担保)、それに見合うだけの不動産担保があることなのです。
 この安全第一、債権保全が頭にある間は、どんなに金融機関が中小企業に対して貸し出しをしていると言っても絵空事なのです。
 また、国や県、各市町村が行っている中小企業に対する公的な支援制度でさえ、その保証をして円滑に資金が融資できるようになっているはずの信用補償制度も いまは、信用保証協会が多額の保証債務を抱え、自分たちの保身に走っているのが現状なのです。

 大手の債務関係は帳消しできるのに、金融機関の再生はされても、小規模零細企業の多額な債務は帳消しにされないのです。
 それを、零細企業の方たちには『俺たちには何もしてくれない』と思うのは当然のことなのです。(じつは、これは今回の偽装マンションの件についても同様なのです。)
 そして、意を決して金融機関へ相談に行っても よく調査もせずに、自分の所と取引がないから駄目とか、ああだこうだと、貸さない理由を振りかざすのですから、不満はたまるばかりなのです。 

 ほとんどの、小規模零細企業の事業主の方々は、一見すると不動産もなく、預金担保になるだけの預貯金を持っていないのですから、金融担当者は歯牙にもかけないのです。
 挙げ句の果てに、貸し渋りと言われるのを嫌い、貸し出ししたくない零細企業の方々には、商工会議所などに相談に行くようにすすめ、苦情・危険をうまいこと回避するのです。
 しかしです、よく調査をし、人柄を勘案すれば財産がなくても、きちっと返済する人は多くいるのです。また、実態は意外と資産を持っていることが多いのです。
 ただ、零細企業の問題点も多々ありますが、ほとんどは、情報収集能力が極端に弱いと言うことなのです。
・書類を読む・書くのが面倒、苦手
・情報機器を積極的に利用している人たちが少ない
 ファクシミリのない事業所が過半数。パソコンという情報機器を扱える人はほとんどいないなど、驚くべき実態がそこにはあるのです。
・公的資金があることをしらない。
 ましてや、無担保・無保証という制度があることも知らない。
・商工会議所や商工会で金融相談をしていることを知らない。
・経済産業省や中小企業庁はパンフレットなどを捨てるほど作成して、商工会議所などに配布しているが、言語明瞭意味不明、自己満足の内容で、零細企業には役に立たないことばかりなのです。ましてや、読むのが面倒なのですから、訳の分からない文章など読むわけがないのです。

 小規模零細企業を活性化するためには、施策、制度を作っている人たちが現場の小規模零細企業の実態を把握して、体感してからにしてほしいものです。
 もしも、小規模零細企業がほとんどなくなってしまったら、経済はどうなってしまうのでしょうか?

幸運の招き猫 くまさんことくまボンでした!

« 豪雪地帯でも大変なのですね! | トップページ | たとえ半額でも、買うのはどうか! »

コメント

くまさん、こんにちは。。。

くまさんのおっしゃるとおり、「知らない」とこが多いこと。。。。誰もおしえてくれないから、自分で知ろうとしないかぎり、なんの情報も入ってこないのが現状ではないでしょうか。。。

個人事業主になって最初に困ったことが、確定申告でした。

そして、仕事を拡大するにあたって、たくさんの問題があり、私たちは現金主義になってね。。。借金がないので、失敗したときに解散しやすいね~なんてのんきなことを話ししていたのが懐かしいです。。

りりぶんさん、こんばんは∈^0^∋
確かに個人事業主さんになると、いろいろ困ることが多いですよね。
全部調べなければいけないですからね。
 お役所の人は、現場を見てから、施策を作ってほしい物です。
 役に立たないことばかりですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/8106813

この記事へのトラックバック一覧です: 施策担当者は小規模零細企業の現場を見るべし!:

« 豪雪地帯でも大変なのですね! | トップページ | たとえ半額でも、買うのはどうか! »