2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« CASビレッジ(食の発信基地)のその後は? | トップページ | 大仁田厚様、あなたは何様のおつもりでしょうか? »

2006.01.04

目薬と鶴の恩返し

megusuri 皆さんは、目薬を人前で差せますか?
 ぼくが目薬を差すときは カナイに 鶴の恩返し って言われてます。

 ぼくは目薬を1・2・3 なんてそう簡単に点眼できないのです。
なぜか、目薬を差すときには、真っ暗にしてから カナイにも見せないように、見られたくないので、そのときだけは 
 絶対見てはだめ!
 といい、真っ暗なのにもかかわらず、念には念を入れて 顔が反対側を向いたのを確認してから、おもむろに 目薬とティッシュを用意してするのです。
 どうやって確認するかと言えば

 あっち向いた?って聞くのです。ホントに!あっち向いた!ってね。

 目薬のCMであんなに簡単にできるのが不思議なのです。
  あれって、CGだってね。
 なぜか、もう、絶対に目薬を差しているときは見られたくないのです。

  決して見てはなりませぬ!

 見られたら 駄目なのです。
 ぼくの秘密が終わってしまう!!

 こればかりは 自分でも判らないのですが、いやなんだなー!

 ですから、コンタクトレンズなんて、あんなもの 異物を 眼の中に入れるなんてことになったら、一生涯 人前で顔を見せられないかもしれません。

 恐怖で一杯 妄想がふくらんでしまうのです。
 だって、コンタクトレンズしたまま寝たら どうなるの?とか、
 もし、取れなくなったらどうするの?

 なんて、考えただけで 恐怖!(((p(>v<)q)))!!

 鶴の恩返しも たまに カナイから 恩返しはいつって催促されてます。
 ( ̄∀ ̄*)イヒッ

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!

« CASビレッジ(食の発信基地)のその後は? | トップページ | 大仁田厚様、あなたは何様のおつもりでしょうか? »

コメント

こんばんは~くまさん

鶴の恩返し状態は、車内のお化粧の対極にありますね。
奥ゆかしいですね♪
私はめったに目薬は挿しません。
一年に一度も挿して事が無いなぁ・・・・
たまに挿すと、目薬が目の中に入らないから
何度もやると、顔がぐちゃぐちゃに無ります。

怖がりだからコンタクトやピアスもダメ!

目薬はさしちゃいますね。

仕事柄、どうしても目を酷使してしまいますので、
仕事中に目薬ささないとやっていけません。
さすがに職場の人皆に、「あっちむいて」とは
いえませんので・・・。

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
(*^.^*)エヘッ
目薬とか、コンタクトとか全く駄目なんですよね。
なぜか 見られると とても恥ずかしいです。
なんでだろうか?
ぼく自身もよく分からないのです。
まるこ姫さんも同じですね。
なんか、一安心。良かった。(*^.^*)エヘッ
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

さじったさん、こんばんは∈^0^∋
さじったさんは 目薬させるのですね。
尊敬しちゃいます。
目に異物を入れるのがどうも駄目なんです。
恐怖なんですよね。
なんとなく 恥ずかしいです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

くまさん、こんばんは~♪
私も目薬は、させないですね。
目に何かする事がとにかく怖くて、とても人前でも
ひとりでもダメですね。
だから、目薬をさす前に目をつぶってしまいます。
何回やってもダメなんです。それにピアスも出来ないなぁ。
あと、コンタクトも恐怖ですよね。

ちまこさん、こんばんは∈^0^∋
どうして、ほかの方々は簡単に目薬させるのでしょうね。
ぼくなんか、もう目薬さそうとすると、まぶたが自然に閉じちゃう。眼の周りが、びちゃびちゃ担っちゃいます。
(*^.^*)エヘッ 情けない。
だから、ティッシュは必需品なのですよね。
 異物は怖いです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/7996510

この記事へのトラックバック一覧です: 目薬と鶴の恩返し:

« CASビレッジ(食の発信基地)のその後は? | トップページ | 大仁田厚様、あなたは何様のおつもりでしょうか? »