2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?02.09 | トップページ | 野球、ソフトボール やはり復活かなわず! »

2006.02.10

姿亡き者に価値は見いだせず!

 人の仕事や目に見えない物の対価に対して、どうして人間は価値を見いだせないのだろうか?
 サラリーマンのデスクワーク、はたまた、ソフト業界におけるソフト作成担当者の異常とも思える残業の山と消耗品と化していく人材、士業といわれる専門家の集団もしかりなのです。
  業界等での努力や苦労がわからないからこそ価値を見いだせない、その結果が今回の国立大学におけるソフトの違法コピー事件なのかもしれません。
 学生といわれる知識を吸収し、クリエイティブな活動をしている人たちでさえ、違法コピーがどのようなことになるか、働いている人がどれだけ苦労して作り上げたのか、理解できていないのです。
 だから、簡単にコピーしてしまうのです。
 車を盗んだらいけないことはわかっていてるのです。ものに対しては対価を見いだせるのです。でも、ものとして手に触れられないものには価値が見いだせないのです。

 その業界に携わっていない人たちから見ると価値が見いだせないのです。音楽著作権もしかり。原価計算のわからないものほど価値が見いだせないのです。

 クロネコヤマトや日通や佐川急便の人たちを見ると、「ご苦労様」「大変ですね」っと自然に言葉が出るものなのです。
 しかし、得体の知れないもの、ブラックボックスのものについては、皆さんも、そうではないでしょうか。一件、額に汗していない物には感謝の念や物理的な価値が見いだせないのです。 

 ある時、弁護士や公認会計士を人に紹介したことがあります。
 「弁護士さんの相談料は30分5000円です、公認会計士はいくらいくらです」っと説明すると、必ずそれを聞いた人は「えっ!」とか 驚いた表情を見せるのです。 明らかに、相談料が高いというあからさまな表情と「そんなにするのですか」という言葉が返ってくるのです。

 ランチで1,000円、夕食のディナーと称して万の単位を払うことは、自己充足につながるから、高いとは思っても驚かないのです。

 でも、目に見えない物や知識については、救済されたり、回答をいただいても原価計算が明確ではないためか、または頭のいい人が努力をせずにその職業に就いているかのように錯覚していて、その価格に対して正当な評価ができないのです。

 車の100万円と弁護士成功報酬の100万円を天秤にかけたら、あなたはどちらに価値を見いだしますか?
 クイズで鉄の100キロと綿の100キロどちらが重いって子供になぞなぞを出すようなものなのです。

 この感覚がなくならない限り、知識労働や努力が目に見えないもの、物的供給がないものについてはどうしても、偏った見方をしてしまうのです。

 どの職業も基本的には、努力や苦労があるから成り立っているはずなのです。
人一倍見えないところで頑張っているから、今の地位がある人がほとんどなのです。

 まあ、希に例外な人もいますけれど。
 羨望やねたみの陰にはその仕事の本質が見えていないだけなのです。

追伸:余談ですけれど、宝石等の原石を採掘している人たちは、なぜか裕福な生活をしていないのです。それが、様々な過程の後に原価の数千倍数万倍の価格になるのです。人間の見栄や欲望、虚栄心が価値をつり上げているのですよね。
 この方が余程変な経済構造ですけれど。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!

« 今日は何の日だったの?02.09 | トップページ | 野球、ソフトボール やはり復活かなわず! »

コメント

こんばんは~くまさん

どうしても目に見えるもの、形としてあるものに
価値の基準が言ってしまいますね。
でもこれからは、知的所有権のほうにも目が行くのでは?
先進国になればなるほど、そういうことにも目を向けないと
でも、中国におけるコピーはひどいですよね。

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
中国はコピー天国というか、コピーがいけないという概念がないみたいですね。
 コピーできる状況が悪いという論理みたいです。
 さすが中国ですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

くまさん、こんにちは。

私の場合、オフに近所のお友達に誘われてランチしたときなんかに。。。「りりぶんさ~ん、肩揉んで。。。」とか「足もマッサージして。。。」と気楽に頼まれたりましして。。。丁重にお断りしたのちに、今はお付き合いを辞めさせていただいております。 うちのスタッフも知人に夜によびだされて、子供の散髪をして。。。と頼まれたりするので、コマっていると相談されたことがあります。

もちろん、報酬はありません。

お友達に専門家がいてラッキー!という心理です。

よく似た話ですよね・・・

りりぶんさん、こんばんは∈^0^∋
本当にそうです。
友達だから、とかいう問題ではないですよね。
それこそ 親しき仲にも礼儀ありです。
 プロの人に お願いすれば 当然 報酬が発生することを理解できない人とは お付き合いを ぼくも考えますね。
 常識が常識でなくなっているこの時代は嫌いです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/8590422

この記事へのトラックバック一覧です: 姿亡き者に価値は見いだせず!:

« 今日は何の日だったの?02.09 | トップページ | 野球、ソフトボール やはり復活かなわず! »