2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?02.05 | トップページ | アフィリエイト占い ココログ やってみた! »

2006.02.06

ムハンマドの風刺画騒動?!見たのですが・・・

 今回の『ムハンマド風刺画』騒動というか暴動がぼくには全く理解できないのです。

 この風刺画は中道右派の デンマークの日刊新聞 Jyllands-Postenに印刷されました。
 実はその風刺画を見たのです。風刺漫画12点は今も見られます。画像をコピーはしたのですが・・・。
 見た印象では、何も感じないというか?何でそんなに暴動や大使館を放火する抗議行動まで発展してしまうのか、ぼくには正直わからないのです。

 ただ、イスラムの怖さはありますので、見たい方は以下のホームページで・・・。

 まだまだ言論の自由と他宗教の侮辱?との関係が特にイスラムにおいてはなかなか理解できないのです。

 イスラム教徒が風刺漫画を批判する理由は二つ
・イスラムで思考の存在とされる予言者そのものを風刺の対象としたこと
・予言者の姿を絵にしたこと

 なのです。
 これは、もしかすると時間と生活の豊かさが流れを変革するのかもしれません。

 イエスもエリザベス女王もバチカンも昔は天皇さえも風刺画として登場しているのです。
 それで、暴動や作者の命が狙われるようなところまでエスカレートはしないのです。
 しかし、イスラム関係では過去に『悪魔の詩』の翻訳者が殺害されたりしているのです。

 でも、どのような風刺画かわからなければ、全く問題点がわからないですよね。

 問題の理解を助けるために、表現の自由の原則を守るという点からフランス『ルモンド、ベラシオン』紙は風刺漫画12点の内2点を掲載したのです。

 表現の自由と宗教の自由という対立というよりも、西洋文化とイスラム圏との現在までの軋轢がこの風刺画によって噴出したのではないでしょうか。

 生活の中での宗教の位置づけが、今の日本人とは全く異なっていることだけは確かなのです。
 八百万の神々と昔から接している日本人にはわからない宗教観なのです。
 しかし、だからといって理解しないと言うことではないのです。
 その、宗教観の裏には、根底には何があるのか、どうしてここまで深刻になったのか 知りたいのです。

 こういう問題をマスコミはもう少し詳しく解説をしてほしいですね。
  ちなみに、マスコミも風刺画のところをぼかしてありました。

※状況によって風刺画(続くを参照)は削除することもあります。 

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!

※議論をするにも、何が問題点なのか 確認するために掲載いたします。
宗教を侮辱するものではありません。

Muhammedの表紙。 - ムハンマドの論議を呼んだ漫画であり、2005は9月に最初に、 Jyllands-Postenで発行されたものだそうです。

詳細を確認したい方は英文ですが、以下のホームページをご覧ください。
http://en.wikipedia.org/wiki/Jyllands-Posten_Muhammad_cartoons

Jyllands-Posten_Muhammad_drawings

« 今日は何の日だったの?02.05 | トップページ | アフィリエイト占い ココログ やってみた! »

コメント

キリスト教でも暴動になったことがありますよ。詳しくは私のブログを見てください(大して詳しくもないですが)。

elionさん、こんばんは∈^0^∋
後で見させていただきます。
微妙な問題ですよね。
なかなか理解できません。心と精神の問題なのでしょうか?
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/8530217

この記事へのトラックバック一覧です: ムハンマドの風刺画騒動?!見たのですが・・・:

« 今日は何の日だったの?02.05 | トップページ | アフィリエイト占い ココログ やってみた! »