2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?02.10 | トップページ | アニマルマニア占い!をやってみた! »

2006.02.11

行政の改革は心と予算会計の転換!

 行政の第一の問題点は予算会計制度にあるとぼくは思うのです。
 予算会計の悪弊は、予算に合わせてほぼぴったり使い切ることなのです。
 使い切ることに、精魂込めて事業に打ち込む。
 下手をすると、予算の消化率にばかり目がいってしまい、事業の効果は二の次、三の次になってしまいがちなのです。
 予算をオーバーしてしまうことはあり得ないのですが、予算を余らすことなどあり得てはいけないのです。
 余らす、ましてや年度末になってから、国庫に返還などになってしまっては、始末書ものなのです。
 予算の建て方がまずい、予算の執行が悪いとなるのです。
 そこには、節約という言葉はないのです。節約という言葉の内には 予算に合わせて適切に消化する という意味合いなのです。
 しかし、ようやく、税収が上がらないために、広報等に民間の広告塔を掲載し、広告料を収入に充当している市町村などが、あちらこちらで出てきました。これはとても良い傾向ですが、でも まだまだ十分でないという感じなのです。
 まだまだ武士の商法。
 企業の経営手法が大切なのです。

 第2番目は心の問題なのです。意識の問題ではないでしょうか。
 行政の人たちには、権限がそもそも備わっているために、「虎の威を借る狐」かなと 言葉の端はしに 権威を振り回している人が未だに見受けられます。
 昨今の報道されている状況でも、権力を笠に着てものをいっている人を見かけます。
 また、とても面倒くさそうに応対する人もいます。
 権力を持っている人こそ、優しく接する、謙って接する状況でようやく、一般人と対等の関係にバランスがとれるのです。
 これは余談ですが、金融機関の融資担当者と借り入れ申込者との関係に似ています。
 借り手は、断られたらどうしようと不安で一杯なのです。

 最近は特に公務員のパブリックサーバントって言葉を聞かないです。
 死語なのかもしれませんね。
パブリックサーバントとあえて表現しているということは、やはりサーバントではない状況からいわれているのかもしれないのです。

 いずれにしても、パブリックサーバントとして機能しているのは権力のある人たいしてのみでそうか。たとえば、声の大きい議員さんにはサーバントになっているかもしれません。
 そうそう、行政の窓口で 行政側から『こんにちは』とか『ありがとうございました』っていわれたことありますか?
 ぼくは今のところ一度もないです。気持ちの切り替えって、些細な言葉からではないでしょうか。

 これが 今の パブリックサーバントなのかもしれません。
 ( ̄∀ ̄*)イヒッ

 

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!

« 今日は何の日だったの?02.10 | トップページ | アニマルマニア占い!をやってみた! »

コメント

こんばんは~くまさん

何も予算をきっちり使い切る事はないと思いますけどね
どこの市町村も、2月3月になると工事の多いこと!
つけた予算に対して使い切って、次年度にその予算より多い予算を勝ち取る時代は
終わったはずなのに・・・
やはり、お役所は民間より何年も意識が後退しています。
何を言っても何度言っても、時代についていけてないというか頭が古いですね。

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
おかしいでしょう。
でも、ぼく始末書書きそうになったことあります。(*^.^*)エヘッ 効率よく予算消化したら 余ってしまって、あわてて怒られ怒られ、消化しました。(;^_^A アセアセ…
 バカな制度でしょ。
 経験者はカタルです。
 くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/8604105

この記事へのトラックバック一覧です: 行政の改革は心と予算会計の転換!:

« 今日は何の日だったの?02.10 | トップページ | アニマルマニア占い!をやってみた! »