2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?03.16 | トップページ | あら、ぷらら 素早いですね。 »

2006.03.17

知事退職手当全廃 残るは議員の報酬削減

 宮城県知事の公約だったとはいえ、退職金手当全廃は全国の都道府県では初めてで削減額は1億5000万円。
 逆に、いかに退職金が一般サラリーマンに比べて多いか驚きです。
 ようやく、だれもが手をつけなかった、手をつけられなかった 知事らの特別職の退職金手当を全廃する特例条例案について宮城県議会で賛成多数で可決した。
 よくやりました、という感想です。

 一番自分たちの部分についてはとにかくお手盛りで安全地帯だったお金の部分にメスを入れたのですから、評価に値するのではないだろうか。
 財政難に陥っている自治体でも、自分たちの報酬や退職金について削減案なんてアンタッチャブルの領域でまったく見て見ぬふりをしていた。
 ところが、今回の宮城県が前例をつくった。
 さあ、全国の都道府県でこの影響がどこまで伝わるのか、実施するのか、それは知事と言われる人の行政の管理・経営責任に対する意識の問題ではないだろうか。
 そして、残るはもう一点。
 この特例条例案を可決した議員さんたちはどうなのだろうか?
 議員と呼ばれる人たちも、当然、報酬削減を自分たちで提案して 実施すべきだ。
 自分たちの身を削って市民のために奉仕してこそ、本来あるべき知事等の特別職、議員のあるべき姿だと思う。

 一部議員からは退職金全廃により「特別職の人材確保が難しくなる」なんて、変な理屈を並べている人がいるようですが、そんな退職金目当ての人には重要なポストには就いて欲しくない。
  多分、反対した議員たちは、自分たちに今度は火の粉がかぶるのが嫌で屁理屈を言ったとしか思えない。
 一番やっかいなのは、やはり議員と呼ばれる人たちの品性でしょうか。
  ほとんどの行政が財政難で苦しんでいる中で、議員は自分たちの報酬を削減できる人がいれば大したものです。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!

« 今日は何の日だったの?03.16 | トップページ | あら、ぷらら 素早いですね。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/9128022

この記事へのトラックバック一覧です: 知事退職手当全廃 残るは議員の報酬削減:

» 宮城県知事-退職金なし [王様の耳はロバの耳]
知事らの退職手当全廃、宮城県議会で可決…全国初 (読売新聞) - goo ニュース 昨年秋多選(四期目)を避け勇退した浅野前知事の後を受けた宮城県村井知事が目立つことをやった {/kaeru_fine/} 読売の報道によれば知事が提案した知事本人ら特別職の退職手当を全廃する特例条例案について、県議会は16日、原案通り賛成多数で可決した 同手当全廃は全国の都道府県で初めて 削減額は約1億5000万円になる見通しであると 但し2009年11月までの知事の任期中に�... [続きを読む]

» 産業再生機構について言及しています。 [人生のババ抜き劇場]
産業再生は今後どうなるのでしょうか。 [続きを読む]

» 産業再生機構について言及しています。 [人生のババ抜き劇場]
産業再生は今後どうなるのでしょうか。 [続きを読む]

« 今日は何の日だったの?03.16 | トップページ | あら、ぷらら 素早いですね。 »