2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« トラックバックスパム | トップページ | 今日は何の日だったの?04.06 »

2006.04.06

輪島漆製の名刺入れ goods篇

名刺入れって意外と小物として重要な役割をしています。

Urusimeisiire  何気ないものでも、いいものってその人となりを表しているように思えます。
 そんなときに、朝日新聞beで紹介されていたのが「輪島漆製の名刺入れ」。

 残念ながら、製造元の桐本木工所はホームページがありませんでした。
 もしかしたら、探せなかったのかもしれません。
 このような独創的な商品を扱っていてもホームページに掲載されていないと、このようなクチコミ等ではない限り、知るよしもないのです。
 是非、ホームページをアップして自己製品を紹介して欲しいですね。

 さて、朝日新聞紹介文を引用させていただくと
----------------
 「次は丈夫な名刺入れにしたい」と選んだのが、石川県の名産品の輪島漆製だ。

 漆といえば、光沢のある美しさが魅力なのだが、この名刺入れは手に持つと意外にもザラッとした感触がある。
 これが丈夫さと扱いやすさの秘密だった。
 漆特有のつやをわざと薄れさせてあり、そのため傷や汚れがつきにくく、頻繁な使用にも耐えられる丈夫さとなっている。
 「もっと扱いやすい漆を」という制作者のこだわりが最も表れた部分だ。輪島産出の珪藻土(けいそうど)を焼成粉末にした地の粉で仕上げる技法が使われており、3年かけて開発された。

 デザインは昔のたばこ入れを思い出させ、角張った形はシャープな印象を与える。柿渋を明るくしたような色もいい。名刺を出し入れするたびにウキウキして、伝統の漆を身近に感じる毎日だ。

 税込み1万500円と値段は張るが長く使える。
 問い合わせは桐本木工所(0768-22-0842)へ。
-----------------
長く使えて、長く使えば使うほど味の出てくる商品がぼくは一番好きです。
 もしかしたら、そのような商品の一つといえるかもしれませんね。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!

« トラックバックスパム | トップページ | 今日は何の日だったの?04.06 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/9418662

この記事へのトラックバック一覧です: 輪島漆製の名刺入れ goods篇:

« トラックバックスパム | トップページ | 今日は何の日だったの?04.06 »