2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?04.29 | トップページ | 小野妹子 CM篇 »

2006.04.30

お手盛りで 自分だけは 別といい

 日銀職員の出張手当が実費精算なのにもかかわらず、割安航空券で差額をくすねていた問題よりも、もっとやっかいなのが、実は地方議員等の日当なのです。
 じつはいまだに、距離や時間に関係なく『費用弁償』という好都合な日当がある。

 ※費用弁償とは、交通費や宿泊費、通信費などの名目で、議会に出席するともらえる日当のこと。つまり、実際にかかった費用ではなく一律支給されていることが大半。
 これって、やはりおかしい。
 とてもおかしい。方や 財政再建のため努力しますなんて、公言しておきながら・・・。
 
 これが何よりも一番やっかい。
 自分たち議員のこととなると、特別扱いというか治外法権で、メスを入れさせないことが多々ある。中途半端な会社の役員も同様のことを平然としますがね。
 その時だけは、主義主張や党の壁を越えて、何も言わずに一致団結してしまう。
 なぜ!
 これって、税金なのですよね。
 税金の無駄遣いは許せません!と言いつつ、自分たちの議員報酬や手当については全く、何も言い出さない。
 この矛盾をもっと徹底的にマスコミは追求するべきです。
 ホリエモンの追求なんて無駄なことをやめ、取材するべきです。

 議員と呼ばれる方々に報酬貰いすぎではないですか、と質問をすると 大抵 議員は費用がかかります、と同じ回答が帰ってくる。
 それならば、議員になるな!と言いたい。

 まあ、最近は退職金を放棄する県知事もいたり、小泉氏も退職金はいらないというような発言もされている。
 自分で言わない限り、このように自分に不利になるようなことは決して言わないと言うことが平然とまかり通っている。
 黙って、知らぬ顔の半兵衛を決めこんでいる。
 急に耳が遠くなったりすることばかり。

 過去に、選挙の公約で 自分たち議員の報酬を下げます、という人がいただろうか、
今のところそんなことは聞いたことがない。
 議員と呼ばれる方々も、自分のことから見直しができる人にやってもらいたいし、議員報酬も一律支給と言うより、成果報酬制度にした方がいいのでは・・・。
 ( ̄∀ ̄*)イヒッ

良い議員さんもいるのに不思議。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!

Movable Type公式サイト

« 今日は何の日だったの?04.29 | トップページ | 小野妹子 CM篇 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/9826065

この記事へのトラックバック一覧です: お手盛りで 自分だけは 別といい:

« 今日は何の日だったの?04.29 | トップページ | 小野妹子 CM篇 »