2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?04.17 | トップページ | ニフティさんちのココログ君 »

2006.04.18

安全弁であるならば、でもね・・・

 外国人労働者の問題は、日本国籍をとらせることなのか、日本人として働くことなのか、国籍はあくまで日本ではなく、一定期間で帰国してもらえるのか、などなどそう簡単にいかない問題が山積していると思います。

 その外国人労働者の国民年金の問題もどうなるのだろうかとか。

 バブル絶頂期の時もやはり、景気が良すぎで人手不足となり、苦肉の策で外国人研修生という名目で、中国などから、受け入れたり、また、日系外国人を特別待遇で受け入れたりしつつ、労働者の需給バランスの安全弁として作用させていた時代がありました。
 その時は、新たな試みとして、各企業に外国人管理者がいて受け入れ態勢と監視態勢がしっかりしていることが大前提。しかも、間違いなく帰国して貰うということでした。
 それでも、帰国日前にいなくなる人がいたと漏れ聞いています。

 研修生や日系外国人の受け入れ企業には双方の文化や考え方の違いを習得していただいたことも記憶しています。
 それでも、研修生という位置づけだと、日本の風習を覚えても、実行する人がいなくて困ったことが多かったですね。
 また、日系の方々も、ルーツは日本でも、まさに宗教・風習は日本人ではないのです。

 外国の方に『郷に入っては郷に従え』という考え方がないと、日本では難しいと思います。
 とくに、ドイツがガストアルバイターと言いつつ、いまは、人種的問題と絡み失業問題で大変な状況になっています。ガストアルバイター自体に問題はなくても、失業者の矛先が自分たちの問題を顧みず、ガストアルバイターつまりドイツ国籍を持つもと外国人が問題のはけ口として作用してしまっています。
 ドイツでも解決できないような問題を、日本で解決できるのだろうか?
 とても疑問。今まで、単一民族で単一文化風習を積み重ねた民族が、外国人労働者を積極的に受け入れたときに、伝統文化を守れるかはとても心配ですね。

 外国人が日本の文化風習にとけ込み、今教育基本法で問題になっている『日本に対する愛国心』を育むことができるのだろうか。

 宗教に無頓着な?寛大な?日本人が、宗教をバックボーンとして教育を受けてきた人たちと、憲法の宗教の自由の問題を解決できるとは思えません。
 また、偏った愛国心が日本人に育ってしまいそうで、怖いですね。
 
宗教、教育、愛国心、帰化等の問題を十分議論し、解決策を見いだしてからでも遅くないと思うのです。
 むしろ、派遣社員の安全弁としての機能・待遇をどうするのか、団塊の世代の人々の有効活用、生き甲斐、経済活動への従事の方を重点的に議論を重ねた方が、良い結果を生むのではないだろうか。

 日本の労働体系をもう一度見直す必要があるような気がしますね。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!

« 今日は何の日だったの?04.17 | トップページ | ニフティさんちのココログ君 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/9649088

この記事へのトラックバック一覧です: 安全弁であるならば、でもね・・・:

» 移民についての貞子の中間報告Part1 [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
Tでも移民でも福祉でも 日本は高深刻 もとい後進国です。より 一部抜粋して引用。 国家による『不実の不作為』という憲法違反が、移民政策においても 今 行われています。 移民政策の是非を論じている場合ではないのです。 人類史上稀に見ぬスピードで少子高齢化が急速に進んでいる日本では(つまり人類初の少子高齢化を経験している文化国家が今の日本なのです。) 移民受け入れは 是非の問題を通り越して 必要不可欠・必須の問題なのです。 移民受け入れのための現実的な法整備が急がれるのです。優秀かつプロフェッショナル... [続きを読む]

» 神道と言う名の多神教(日本人は元来は無宗教ではない。) [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
このブログでも 神道とか宗教の大切さを 幾度も触れております。あなたも正しいけど 私も正しいとする宗教が 多神教です。日本は 神道と言う多神教を持っています。自然と融和しながら 謙遜とあいまいさと共存(共生)を尊ぶ宗教が 神道です。みんなが違っていてそれでよい。ただ共に存在すればよい。それが多神教の神道です。 ギリシャ神話も 多神教ですね。古代 人間には どの国にも 多神教が存在しました。文明の発達と王家の発祥とともに 2000年前あたりから 一神教が時の為政者に巧みに利用され 庶民へ広めらてしまっ... [続きを読む]

» 移民についての貞子の中間報告Part2 [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
日本の人口ピラミッド(動態)については 2000年時点と 2025年予測と2050年予測(国連の予測)を 是非とも ご覧頂きたいです。ここの『Japan』のところを選んでクリックして 是非ともご覧下さい。 これが面倒な人は 国家破綻研究ブログさんの人口動態についての下のほうの 人口問題研究所の動く人口動態をじっくりご覧下さい。これを見たら 今の日本では 移民が必須の課題であることが すぐ理解できるはずです。 繰り返し 新資産三分割法についてPart1 より一部抜粋して 引用。 400年間サ... [続きを読む]

« 今日は何の日だったの?04.17 | トップページ | ニフティさんちのココログ君 »