2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?04.09 | トップページ | まだまだ、不具合が!ニフティ危ない? »

2006.04.10

二大政党政治になるのか?

 昔の名前で出ている人たちが、交代で代表のいすに座っているようなもので、とりあえずは解党の危機に直面しているから、小沢氏が出たような印象です。
 なぜもっと早く、民主党はメール問題で一致団結して解決できなかったのだろうか。
 あまりにも、流れが歪みすぎている。

 もっと他に人材はいないのだろうか?
 火中の栗を拾いたくない と思えてしまう。
 もしかして、小沢氏が最後の駒だったりして・・・。
 このまま行くと二大政党政治は夢のまた夢となりかねない。

 ただ、自民党も盤石な体制とはいえず、小泉氏が党首の座を降りたときには、自民党もどうなるかがわからない。
 というのは、自民党自身の古い体質は変わっていないのではないだろうか。

 いまは、小泉氏の強烈な?異質な資質で自民党のイメージが新しくなったように見えるけれど、根っこの部分では魑魅魍魎がいつでも動き出しそうな雰囲気がすでに出ている。

 次期総裁選に向けて、どのような形で自民党の議員が動くのか、また派閥が復活するのか、どうも、過去の自民党の様相に戻りそうです。
 そのようなこともあって、もしかしたら、自民党の体質を知っている 小沢氏が党首になったことを一番自民党が恐れているのかもしれません。
 決して、政策的なことではなくてね。
 今の自民党はポスト小泉で気持ちが揺れ動き、だれが党首になるのか微妙に派閥への流れができつつあるのかもしれません。そのような感じがする。

 さて、先だって小沢氏民主党の党首になったとき、政権を取ったら靖国合祀の問題も解決することができるともったいぶっていますした。
 しかし、本来、二大政党政治を目指すのであれば、相手の揚げ足取りではなくて、基本政策で競っていただきたい。
 靖国合祀の問題を解決することができるならば、すぐにでも政策を打ち出し、外交問題を解決するべく、国民のために動くべきですね。
 民主党の政権を取るための隠し球では意味がありません。
 そんなことを言っているから、政権政党になれないと思うのです。

 本気で政権政党になるのであれば、さまざまな政策で自民党よりもいい案さえ出せれば、有権者も納得できるのですけれどね。
 フィクサー役の小沢氏が表舞台に出てきた時って、どうなるのか、今後の政策論争が楽しみです。
 それからですね。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!


-----------
fixer:くろ‐まく【黒幕】
芝居の舞台で、夜や淋しい場面などの背景に用い、また場の変り目などに装置の前に振りかける黒色の幕。
かげにあって画策したり指図したりする人。「政界の―」
広辞苑 第五版 (C)1998,2004  株式会社岩波書店
-----------

« 今日は何の日だったの?04.09 | トップページ | まだまだ、不具合が!ニフティ危ない? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/9518215

この記事へのトラックバック一覧です: 二大政党政治になるのか?:

« 今日は何の日だったの?04.09 | トップページ | まだまだ、不具合が!ニフティ危ない? »