2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« あら、今度はRSSTIMESが・・・ | トップページ | ぞうきんって、買うものなの? »

2006.04.17

小泉劇場楽日と青い鳥

 千葉7区の選挙の行方がとても興味深い。
小泉氏の小泉劇場の楽日の演目だからです。この演目で自民党小泉氏が多くのファンを集めて勝利するのか、小沢党首が「青い鳥」という演目で多くの有権者を引きつけるのか、を象徴した選挙となりそうですね。
  マスコミも今は、様子を眺めていて、従来のマスコミ報道に徹している。
そう、ほとんどコメント抜きで、余り煽り立てることもなく、冷静を装いながら、さまざまな局面から取材し、どちらに転んでも良いようにデータを蓄積している。

 選挙結果のキャッチは 小泉劇場楽日悲惨 なのか 小沢氏は青い鳥かも ぐらいでしょうか。その逆の場合は、小沢氏はカラスだった 小泉劇場楽日まで満員御礼 でしょうか。
 
 民主党にとっては確かに小沢氏は「青い鳥」に見えたかもしれませんが、それは決して甲乙付けがたい人たちが多くいて、青い鳥に見えたわけではなく、立候補する人は前に一歩出てください、と言ったときに、ほとんどの人が一歩下がり、動かず考えているうちに決まってしまった青い鳥だと思うのです。
  確かに民主党にとっては「青い鳥」に見えます。
 自民党にとっては「はげ鷹」に見えるかもしれません。
 自民党のやり方を熟知しているのですから、それは恐怖でしょうね。
 でも、小泉さんの場合は予想がつかないことを平気でやりますからね。

 「敵奢らば我奢らざれ、敵奢らずは我奢れ」という諺があるくらいですから。
 小沢氏は「彼を知り己を知れば百戦危うからず」ということでしょうか。

 すでに、小沢氏が党首になり一週間が経ち、自民党の支持母体にも積極的に挨拶回りに動いています。これって、少し恐怖ですね。なりふり構わず?はたまた、自民党fixer時代の動き方でしょうか
 でも、政権を取るための方針が全く見えない民主党、いまは小沢氏で目くらまししているようにしか見えません。
 小泉さんの後を誰が引き継ぐのか、後継者がもたもたしていると、政権交代はないにしても、自民党が分裂することもあり得ますね
 とても、タイミングの良いときに満を持して小沢氏が党首となったことだけはたしかですね。
 青い鳥になるのかどうかは、相手がどう出るかにかかっているかもしれませんね。
 今回の千葉7区の選挙が党首対決の試金石になることだけは確かかも・・・。

奇人対青い鳥の結果はいかに。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!

あおいとり【青い鳥】 アヲイ‥
(L'Oiseau Bleu(フランス))メーテルリンクの童話劇。1909年刊。チルチルとミチルの兄妹が幸福を象徴する鳥を探してさまざまな国を夢の中で遍歴するが見つからず、目がさめて幸福の鳥は身近にいることを知る物語。
広辞苑 第五版 (C)1998,2004  株式会社岩波書店

« あら、今度はRSSTIMESが・・・ | トップページ | ぞうきんって、買うものなの? »

コメント

何言いたいんかわからへん。

アレックス・ヴァン・ヘイレンさん、こんばんは∈^0^∋
あら、オランダ語の方がよろしかったでしょうか。残念でございます。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/9632484

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉劇場楽日と青い鳥:

« あら、今度はRSSTIMESが・・・ | トップページ | ぞうきんって、買うものなの? »