2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?04.18 | トップページ | トラックバックスパム頻繁 »

2006.04.19

高齢者メール警報 制度はいいけれど

 高齢者へ『メール警報』
 内閣府が8月から、各地の消費者センターに寄せられた警戒すべき情報をパソコンや携帯電話のメールで知らせる『高齢者見守りネット』を始めるのだそうです。
 そう、早くこのような制度を始めて欲しかった。
 総務省のeーJapan構想も、基盤整備が一応予定通り達成した?と言うことで新たなステージuーJapan構想へと06年今年から突入した。
 まさに、ユビキタス・コンピューティング社会への第一歩と言うことなのでしょう。
 しかし、一見すると、総務省調査ではブログもものすごい勢いで利用者が拡大している結果が出ています。
 でも、肝心な情報弱者といわれるメロウ世代等高齢者の現状は、まだまだ ITというよりも、友人との口コミ情報が重要な情報源、そして、過去記事である活字情報なのです。
 いま、ボランティアで高齢者の方々のパソコン相談や現状を確認させていただいているのですが、まだ、パソコンを持っている人が驚くべき少なさ。
 そして、パソコンがあっても、インターネットにつながっていない。
 携帯電話を持っていても、携帯メールは契約していない。

 高齢者の方々はまだ、インターネットとは未知の世界の方々の方が多いのです。
 必要性や便利さがわかっていらっしゃらない。とても残念なことですね。

 『高齢者見守りネット』はとてもいい制度で、ぼくたちもこの情報を高齢者の方々に、口答や活字で伝えようと思います。
 
 ちなみに、総務省の調査(04年末)によると、年代別インターネット利用率は
 60歳以上:26.0%、50~59歳:65.8%、40~49歳:84.8%
 しかし、このような調査も厚生労働省の調査だと60歳以上の方がインターネットから情報を入手する人はわずか1.5%なのです。
 どちらが、現状に近いと言えば、厚生労働省の方が近いと思います。
 たとえば、いまだにパソコン講習会の募集をすると定員の24、5倍の応募者があり、そのうちの大半は、パソコンを所有せず、講習会でパソコンをさわってから購入を検討するという方々なのです。
 
  鶏と卵の関係で、どちらが先とは言いませんが、もう一方のハード面と指導がどうしても不可欠ですね。 
  また、以前 情報化支援ということで政府が各市町村にばらまいた市民のためのIT講座も失敗と言わざるを得ないのが現状です。
 一時も早く、情報受信機である100ドルPCが入手できることが望まれます。
 そして、高齢者の方々に、気軽に入手してパソコンの便利さを知っていただきたいものです。
 パソコンは、メロウ世代以降の方々には奥が深すぎます。
 しかし、情報弱者にならないためにも、パソコンはますます必要になっているのです。
  だまされないためにも。

ユビキタスとは:ubiquitous
(経済・産業/IT社会と通信ビジネス)
 インターネット等のネットワークに、いつでも、どこからでもアクセスできる環境のこと。語源はラテン語で、至るところに存在する(遍在する)という意味。米ゼロックス・パロアルト研究所のマーク・ワイザーが提唱した、メインフレーム、パーソナル・コンピューターに続く、第3世代のコンピューター利用形態を表すユビキタス・コンピューティングから広まった。アクセスに使う端末は、パソコンや携帯電話だけに限らず、電子レンジや冷蔵庫のような家電製品、自動販売機等もネットワーク接続されるようになる。ウエアラブル・コンピューターと呼ばれる身につけるコンピューターや、紙のように薄く曲げられるディスプレーの電子ペーパーも開発中。さらに、身の回りのあらゆるものにコンピューターが埋め込まれたユビキタス社会では、ICタグがキーデバイスになるとみられている。「情報通信白書(平成16年版)」では、2003年の28.7兆円のユビキタス関連市場が10年には約3倍の87.6兆円になると予測。課題としては、個人情報の保護に加え、コンピューターウイルスのまん延を防ぐ必要があると指摘している。

« 今日は何の日だったの?04.18 | トップページ | トラックバックスパム頻繁 »

コメント

父は70歳になってからメールを始め、今では写真添付もできますがネットはたまにしか使っていない様子。
それでも「処方薬ねっと」などは重宝しているみたい(笑)
それを見た叔父も始め、メールもネットも使いこなしている。
一番スゴイ人はやはり70歳頃PCに初めて触れ、今ではパワポで写真も入ったプレゼン資料は作るし、確定申告もネットで申告書作成。
ただ、3人とも困った時に教えてくれる人がいるからここまでになれたような気がします。
高齢者がマニュアルを読みこなすのは難しく、教室へ行ってもすぐ忘れてしまうから、PCばら撒くだけでなくこうしたフォローの体制も整備しないと飾り物で終わってしまうでしょうね。

miuxさん、こんにちは∈^0^∋
そうなんですよね。お助けする人がそばにいないとパソコンはそう簡単に覚えることができませんね。サポセンはつながらないし、ある程度の知識がないと双方納得した回答を引き出すことはできませんしね。
 国のやることはなんか小手先ばかりですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/9666090

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者メール警報 制度はいいけれど:

» 警報・注意報 [Blink Link 役立つリンク集]
Blink Link 役立つリンク集に役立つ一般ニュースのページができました。全国の地震速報、津波速報、火山情報、警報、注意報をお伝えしています。ご利用ください。 [続きを読む]

« 今日は何の日だったの?04.18 | トップページ | トラックバックスパム頻繁 »