2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 千葉市のモノレールは高い!でも、ギネス登録 | トップページ | 今日は何の日だったの?05.07 »

2006.05.07

映画公開直前!ダ・ヴィンチ・コード前夜祭

 このような番組をするなんて知りませんでした。
でも、ぼくはスカパー契約していないので残念ながら見られません。
 スカパー契約までして、これだけを見たいとは残念ながら思いません。
(*^.^*)エヘッ
ちなみに、見られる方は
初回放送:5月19日(金) 20:00~22:00
■禁断の聖書:ユダが残した福音書の衝撃!(The Gospel of Judas)

2千年の時を経て封印を解かれた古写本
“ユダの福音書”が明かす、衝撃の新事実!

 約2千年ものあいだ人目にふれることのなかった古写本。
 歴史の重みを抱えたその書物は、静かに、重々しく、私たちの常識をくつがえす真実を明かそうとしている。
 それは、数世紀にわたる歴史上で最も憎まれてきた人間のひとり、裏切り者の代名詞であるユダについての物語。
 この『禁断の聖書:ユダが残した福音書の衝撃!』は、ナショナル ジオグラフィックが古美術研究所や科学者、歴史学者、神学者など幅広い分野の専門家らと共に古写本を精査した現場に密着。
 裏切り者というレッテルを貼られてきたユダの本当の姿とは一体?
 この革命的な番組において、聖書考古学を根底から揺るがす驚愕のメッセージが明らかになる!?
5月19日(金) 22:00~24:00
■ダ・ヴィンチ・コード~真実と虚構の境界線(Unlocking Da Vinci’s Code)

フィクションとノンフィクションの世界が壮大な謎懸けによって見事に融合した小説<ダ・ヴィンチ・コード>は、イエスキリストの妻として子供を産んだ存在にもかかわらず、娼婦として描かれ続けてきたマグダラのマリアに関する秘密を、ミステリアスな物語とともに暴いていく。
 おまけに小説では、イエスの血脈を受け継いだ子孫が現在も存在しているという驚きの結末を迎える。
 キリスト教が隠しつづけてきたこの驚愕の事実は、シオン修道会という集団によって守られてきたのだが、イタリアが生んだ天才レオナルド・ダ・ヴィンチもかつて総長を務めていたことが判明。
 彼は、自身の絵画“最期の晩餐”の中にマグダラのマリアの素性を明かす究極の謎を仕掛けたという。著者ダン・ブラウンとともに史実や伝説の境界線を検証していく。

詳細はナショナルジオグラフィックチャンネルでどうぞ。
URL:http://www.ngcjapan.com/watch/the_gospel_of_judas.html
さあ、映画を見に行くことにします。

« 千葉市のモノレールは高い!でも、ギネス登録 | トップページ | 今日は何の日だったの?05.07 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/9895253

この記事へのトラックバック一覧です: 映画公開直前!ダ・ヴィンチ・コード前夜祭 :

» ダ・ヴィンチ・コードを見る前に [映画で楽しむ世界史]
この本は、先ずはエンターテイン本として楽しめばよいのだが、それにしても少しヨーロッパのキリスト教社会の歴史の謎や番組編の知識があったほうが断然面白い。 ユダヤ教と対立したキリスト教は、やがてローマ帝国に認められ、そのためにも教義を「三位一体説」に統一し、フランク王国と持ちつ持たれつの面従腹背関係を結び、ローマ教皇として中世世界を支配する。 そこで最大の問題は・・・そもそもキリストは神なのか人間なのか、これを統一してゆく過程... [続きを読む]

» 『ダ・ヴィンチ・コード』ガイド~重要な「M」が7倍わかる~ [わかりやすさとストーリー]
「ダ・ヴィンチ・コード」を読み解く最大・重要なポイントは「M」の理解です。「M」――マグダラのマリア」がなぜ重要なのかをよく認識することが必要です。『ダ・ヴィンチコード』においてなぜ「マグダラのマリア」が重要なのか。その答えがここにあります。 ... [続きを読む]

« 千葉市のモノレールは高い!でも、ギネス登録 | トップページ | 今日は何の日だったの?05.07 »