2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?05.25 | トップページ | 家計消費支出 魚介類編1 »

2006.05.26

カメラの転換点に立ち会うとき

 ついに、ニコンに続いてキャノンまでもが、銀塩写真機の新規開発について中止を示唆しました。
 とても寂しいです。
 レコードから、CDに移行するときと全く同じような感じでしょうか。惜しまれながらも、時代の趨勢には勝てない。経済的な面からはもうどうしようもない。
 しかしながら、フィルムカメラの良さもわかっていても、便利さには負けてしまったと言うことでしょうか。
 富士フイルムも社名からフィルムを取り去ってしまった。
 デジカメの良さと、銀塩カメラの良さと両方知っている人が、ここ数年を分岐点として移り変わっていくことなのですね。
 本来の機械としての良さよりも、機能の便利さに負けてしまうという典型的なパターンです。
 アナログからデジタルへ。

 まさか、カメラが、銀塩写真がこんなにも早く、淘汰されようとしているかと思うと、デジタル全盛で死語になる言葉もでてきます。
 中学生の時に、暗室に閉じこもって友人とフィルムの現像液を作り、現像、焼き増しをしたことが懐かしく感じます。
 写真が出来るときの感動がそこにはあったのですが、デジカメではわくわく感がない。
 でも、やはり、失敗しないという安心感が優先したのでしょうか。

 さて、今後 暗室、ネガ、フィルムなどの単語等々も消え去り、写真の現像という原理もますますわからなくなっていきます。
  これからは、フィルムを買うという行為が近い将来なくなってしまいます。
  銀塩カメラも博物館に行かないと、見られない時代が来るのです。
 
 フィルムを巻き上げる感触が、なんとも言えないものなのですけれどね。
  フィルムとカメラが、メモリーとカメラに変わるということ。 
  カメラは今後どのように進化していくのでしょうね。
 
 ボクには全く予測がつきません。
  ボクだけが進化せず、nostalgieに引っ立っているまもなく、どんどん進化していってしまいます。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
Movable Type公式サイト

« 今日は何の日だったの?05.25 | トップページ | 家計消費支出 魚介類編1 »

コメント

こんばんは~くまさん

今はデジカメ全盛になっています。
とにかく便利なのが受けてるんですよね。
今は現像に出さなくても、自分の家で好きな写真を印画紙に焼き付ける事が出来ます。
あまりにも便利になって、情緒がなくなってきたのも確かですね。
どの分野でも、便利と引き換えになくしているものも
たくさんあるんでしょうね。
失ったものは戻らないし・・・・

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
便利さにどうしても、さまざまな良いものが負けてしまいますね。
 銀塩カメラがなくなると、何となく世代の差を感じてしまいますね。
 これからのお子さんたちは、フィルムを全く知らない世代ですね。
 失ったものは戻らないですね。
 等々、銀塩カメラも博物館行きですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/10244876

この記事へのトラックバック一覧です: カメラの転換点に立ち会うとき:

» キャノンも銀塩カメラ開発凍結か [すろー・ふぉわーど]
「フィルムカメラ、新規開発難しい」 キヤノン社長(asahi.com)デ [続きを読む]

« 今日は何の日だったの?05.25 | トップページ | 家計消費支出 魚介類編1 »