2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?05.22 | トップページ | ダ・ビンチコード見てきました。 »

2006.05.23

日本人の和魂はどうなった

 どうも最近は、日本人の和魂が崩れてしまって、雲散霧消とまでは言わないけれど、和なのか洋なのか、中途半端で自分に都合の良い両者のいいとこ取りをしていて、どうも話がかみ合わないことばかり。
 昔の和魂洋才と今の和魂洋才では、内容が全く違ったものになっているように感じる。
 裁判しかり、企業経営しかり、お互い様という気持ちの欠如、なんかおかしくなっている。
 村社会の暗黙のルールを親から子へ教えなかったり、知らなかったり、無視されたり、様々な点で 恥 という文化も消え去りつつあるように思える。

 そんなときに、朝日新聞に小学生の万引きの記事が掲載されていた。この万引きについて 最近では高齢者にも多いと聞く、小学生の万引きについては年々増えているというのです。
 このような子供が、この子供たちを育てている親が増えれば増えるほど 極端な話 日本人の心が蝕まれ 権利ばかりが強くなっているように思います。
 万引きをした子供の親を呼んでも『金を払えばいいんだろう』の一言では、子供も子供なら親も親。
 その子供も親の言葉を聞いて、子供も当然『金を払えばいいんだ』と思ってしまう。
  悪いことをしているにもかかわらず、罪の意識さえ消し去ってしまう。
 いい年齢をした親が罪の意識を持っていない。だから子供をしかることもできない。

 『万引きをしても見つからなければいい』という子供が多く、見つからなければ見つからないほど、罪の意識が欠如する。

 ある意味、万引きがゲームと化しているとも聴いたことがある。

 大人の社会での ルールを無視した行動を 子供が見るにつけ どんどん 見つからなければ何をやってもいいとなる。
 今問題になっている、耐震偽装問題もしかり、粉飾決算もしかり、日本人の心が病んでいるように思える。
 今の日本は、見つからなければ 何をやってもいいなんて 思っているのではないだろうか。
 見つかったときは、罪を償えばいいなんて。
 どんどん短絡的になって来ている。
 ルールが細かく規制されればされるほど、道徳観や倫理観が欠如していると言うことなのですね。
 そのうち「いわずもがな」という言葉も死語になりつつありますね。

« 今日は何の日だったの?05.22 | トップページ | ダ・ビンチコード見てきました。 »

コメント

「万引き」は犯罪であることを、身に沁みさせないといけないですなアー。
そこで、百叩きの復活が望まれますな・・・。
100だとやる方も大変なので、10回位にして
竹刀で思いっきり叩いてやることです。もちろん愛を込めて。二度と忘れないように体に教え込むことが必要でしょう。
こう云うことをいうと、また馬鹿な親ドモが反対の声を上げることは確実でしょうが、それを圧してもやるベキでしょう。その子達により悲惨な事件を起こさせない為にも。それが本当の愛情だと解らない人が溢れているので難しいかなアー。

「ルールが細かく規制されればされるほど」-

全く仰る通りです。法の網の抜け穴は必ずあって、それを利用する輩は古今東西いるわけですが、それらは市民社会の外にいなければいけません。

隠居さん、こんにちは∈^0^∋
本当にそうですね。悪い目は早い内につんでしまい、まともな道に戻してあげたいですね。
バカな親も同罪がいいと思います。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

pfaelzerweinさん、こんにちは∈^0^∋
バカなやからが多いと、どんどんルールを作って取り締まろうとする。
それよりも、持った道徳観や倫理観を育てることの方が第一優先だと思いますね。
 なぜ、自分が悪いことをしているのか、教えないと行けないでしょうね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/10200487

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の和魂はどうなった:

« 今日は何の日だったの?05.22 | トップページ | ダ・ビンチコード見てきました。 »