2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?06.21 | トップページ | 世界各国の飲酒可能年齢 »

2006.06.22

未成熟なノーマライゼーション

 パソコンがWindowsになってから、グラフィカルインターフェースに代わり、視覚的にマウスでクリックし使いやすくなったとぼくを始め、皆さんも感じていたことでしょう。
 コマンドラインを覚えることがなくなったのです。
 そんなときでした。
 7年くらいまえでしょうか、まえのボランティア団体ででパソコン講習をしていることが、噂になり、視覚障害者の関係者から、パソコン講習会を親子でやっていただけないかと、要望を頂いたことがあります。
 その時、視覚障害者の方から聞いた時に、実は健常者には、ものすごく便利になることが、他者には、ものすごいハンディキャップになってしまったことを教えていただきました。
 それは、GIの導入により、マウスがないと操作が不自由なこと。
 言い換えますと、目を閉じて、マックでもウィンドウズでも皆さんパソコンが操作できますか。
 DOSというOSの方が使いやすいと聞いたときには、唖然としてしまい、何も言うことができなくなってしまいました。
 ブラインドタッチは当然のことながら、アイコン等にポイントすることができないのです。コマンドラインの方が操作しやすいのです。
 しかし機種はどんどん、健常者向けに進化している。
 僕たちは何気なく、便利になったと言っていますが、視覚障害者の方々には、逆行してしまったのです。
 どのような環境の方でも、同じ機種同じOSを使いたいのです。
 当然だと思いませんか。

 本来のnormalizationとは、どのような方でも使いやすい環境をつくることが、本来の趣旨なのですよね。
 それが、いつの間にか、うっかりすると健常者の僕たちには気がつかないで一方的な便利さを享受しているかも知れないのです。若しかすると、突然見えなくなることだってあるのです。
 実は、今回のシンドラーエレベーターの問題も、『うみおくれクラブ』さんから、コメントを頂かなければ、見落としていた問題があったのです。高齢者や車いすを利用している方々にとっては、全く移動手段を奪われてしまった事になるのです。
 ぼく自身も、足をけがしたことを思い出して、高層階の階段の上り下りは大変な重労働で、完治するまでは出無精になったことを覚えています。
 
 困っている人がいるにもかかわらず、対応が遅い。そして、シンドラー社についての報道は相も変わらず、垂れ流されていますけれど、今回のエレベーターの障害問題で本来困っている方々を救うことが、報道としての責務ではないのでしょうか。
 報道の観点がずれていませんでしょうか
 
  シンドラー社も港区ですべて他社に交換ということを受けて、2年間の無償での保守点検等々の条件を提示してきましたが、どこか本意を信じがたいですね。
 やはり、安全性を考慮するなら、二基エレベーターを設置し、コストがかかっても、一基は異なる企業のエレベーターを設置することぐらいは考えないといけないかもしれませんね。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!!
Movable Type公式サイト

ノーマライゼーション【normalization】とは:
(通常化の意)障害者などが地域で普通の生活を営むことを当然とする福祉の基本的考え。また、それに基づく運動や施策。1960年代に北欧から始まる。
広辞苑 第五版 (C)1998,2004  株式会社岩波書店
nòr・mal-i・zá・tion/-mələzéiʃən/
【名】 標準化,正常化∥
the ~ of relations between the two countries|2国間の関係正常化.

« 今日は何の日だったの?06.21 | トップページ | 世界各国の飲酒可能年齢 »

コメント

くまさん、こんにちは。

こういった不具合とか利用できない事って、どれだけ頭で考えても実際に経験しないと判らない事って多いですよね。
マイクロソフトも「皆さんがコンピュータのプロなら、私は障害のプロだ。」と自己アピールした目の不自由な学生を採用したりと色々と考えていますが、技術の進歩について行けないのかもしれませんね。

今回のエレベータ事故も普段利用している人と、報道する人・報道を見る人では観点が違いますので、利用している人は非常に歯がゆい事だと思います。
毎日利用する、利用のプロ(?)の意見がもっと世間で取り上げられるといいですね。

(少し関連するかな?という内容をトラックバックしました。
したハズなのですが、ココログなので無事に出来てるかどうかは不明です(^^;
内容がそぐわないと思われましたら、くまさんのご判断でトラックバックを削除してください。)

こんにちは。根岸のねこです。
視覚障害者のインターネット利用の問題は大きな問題です。
アメリカなどではパソコンの表示を音声で読み上げる機械が低価格になって、パソコン通信によるコミュニケーションが進んでいた矢先のGUIへの転換で、かなり大きなショックが起こったと聞いています。
救いは、アメリカの法律で、コンピュータの開発側の障害者への配慮と対策が義務化されているということです。そのおかげでマイクロソフトなどのように「ユーザー補助のオプション」を進んで開発しています。読み上げ装置の改良も進んでいて、一時のショックは収まりつつあるようです。

ちなみに面白い記事を見つけたので。高齢者のPC利用は思わぬことが障害になるということが分かりました。http://www.hi.sfc.keio.ac.jp/access/research/rep02/ushiyama02.html

たくぞうさん、こんばんは∈^0^∋
本当に視点が違いすぎますね。
本来取り上げて欲しいことが取り上げられていないのでは、困りますね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

根岸のねこさん、こんばんは∈^0^∋
いろいろ情報有り難うございます。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

こんにちは(^^
高層マンションはエレベーターの発明によって産まれたと聞いたことがあります。健常者でもエレベーターに頼らなければ辛いものをお年より等には本当に辛いでしょうね。シンドラー社の事件とは関係ないのですが、もし地震などで町が崩壊しエレベーターがストップしたら高層ビルの住人は難民状態(必要物資などをとりに地上とを往復
するのが困難だから)になると聞いたことがあります。健常者のケースを想定してのことでさえそう言われるのだから、シンドラー社のようなことがなくともエレベータが止まったときの、体が不自由の方でもなんとかなるような対策が必要なのではないかと思いました。

菊七さん、こんにちは∈^0^∋
高層マンションの欠点は、すべての環境が整っていないと住めない点ですね。
電気ガス水道移動手段、どれ一つかけてしまっても、普通には住めないという欠点ですね。
高層になればなるほど、価格が高くなる割には、もしもの危機的状況の時にはそれがあだになるなんて、すこし、いや だいぶ変ですよね。ぼくは高所恐怖症だから、どちらにしても歩いていける高さではないと駄目です。
(*^.^*)エヘッ
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/10629917

この記事へのトラックバック一覧です: 未成熟なノーマライゼーション:

» 点字とweb [ユビキタスって、何?]
先日、Googleのロゴが点字になっていました。 点字を考えたLouis Brailleさんの誕生日でした。 - - - [続きを読む]

« 今日は何の日だったの?06.21 | トップページ | 世界各国の飲酒可能年齢 »