2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?07.28 | トップページ | 世界のブランド100 日本は8社 »

2006.07.29

DHC アロエベラ 回収要請

 清涼飲料に発ガン物質が!
 アロエベラを飲んでいる方はご注意下さい。
 厚生労働省に最も詳しく、説明掲載されていますので、一読願います。
  http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/07/dl/h0728-4a.pdf

 厚生労働省意訳食品局食品安全局より、本年春以降、英国等諸外国で、清涼飲料水中の安息香酸(保存料)とアスコルビン酸(酸味料、酸化防止剤)が、ある条件下で反応しベンゼンが生成すること、市販製品中にベンゼンが低濃度検出されること等が公表され、英国等ではベンゼン10ppbを超える製品の自主回収が要請された。
 それを受け、日本でも市場に流通する清涼飲料水の市販品で、安息香酸とアスコルビン酸の両者が添加されているもの31製品について、ベンゼンの含有量について分析検査を、5月以降国立医薬品食品衛生研究所において実施した。
 その結果は
「WHO飲料水ガイドライン(第3版)」のベンゼンに関するガイドライン値、及び水道法での水道水のベンゼンに関する基準値である10ppbを超えてベンゼンが検出されたものが下記のとおり1品目あった。
 当該製品については、厚生労働省として販売業者に対し分析結果を通知し、回収を行うよう要請を行ったところである。

  記
製品名:アロエベラ
販売業者:(株)ディーエイチシー (DHC)(東京都港区)
検出されたベンゼン濃度: 73.6ppb(3検体平均) 

○ベンゼンとは:    ベンゼンは、染料、合成ゴム、合成洗剤等の製造時に使用される化学物質で、常温では無色の液体です。また、環境中に広く存在しており、自動車の排気、石炭や石油の燃焼で空気中に排泄されており、呼吸によって摂取されています。また、喫煙による摂取についても指摘されています。
 ベンゼンの健康影響に関しては、本物質は、IARC(国際がん研究所)が、「ヒトに対して発がん性がある」(グループ1)として分類しています。 

○安息香酸:    1608年に発見され、静菌作用があることから、古くから保存料として用いられているものです。我が国では1948年に食品添加物として「安息香酸」及び「安息香酸ナトリウム」が指定されています。それぞれに使用できる食品と使用できる量(使用限度)が定められており、清涼飲料水に対する使用限度は、いずれも安息香酸として、0.60g/kgまでとされています。 

○アスコルビン酸:    アスコルビン酸(ビタミンC)は、果実などに含まれる必須栄養素の一つで、栄養強化や酸化防止を目的とした食品添加物としても使用されています。我が国では1957年に「L-アスコルビン酸」として指定されています。 

化学反応を起こして、このような物質ができてしまうこと自体、怖いですね。
よく、製造者側は考慮してつくってほしいものです。
 でも、なぜ、化学反応することが予見できなかったのでしょうか?
 そこまで、考慮していなかったと言うことかもしれませんね。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!!
Movable Type公式サイト

« 今日は何の日だったの?07.28 | トップページ | 世界のブランド100 日本は8社 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/11137917

この記事へのトラックバック一覧です: DHC アロエベラ 回収要請:

» DHC「アロエベラ」に発ガン物質!回収要請 [ニュース - シナリー コミュニティー リング]
厚生労働省は、2006年7月28日「DHC」が発売する清涼飲料水「アロエベラ」に、世界保健機構(WHO)が定める基準のおよそ7倍の発がん性物質「 ベンゼン 」を検出したと発表した。 [続きを読む]

« 今日は何の日だったの?07.28 | トップページ | 世界のブランド100 日本は8社 »