2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« いい天気だ~ | トップページ | ホント?デートより残業って。 »

2006.07.26

高年齢事業へ三分の二助成金支給?

 皆さんは、「高年齢者等共同就業機会創出助成金」という制度をご存じですか?
 そして、高年齢者って定義は45歳以上だそうです。びっくり。
多分、自分には関係ない方は全く目に入らず、もしかしたら助成金が頂けると思っている方も、初耳かもしれません。
 このような制度は各省庁で制度かしていて、パンフレットも作られているのですが、出先の機関で眠っていたりして、なかなか目につかず、ホームページを検索することすらできないものが多々あります。

 残念ですよね。

 このような助成金制度の一覧がないとわからないと思います。
 さて、折角ですから、制度のご紹介をしたいと思います。
 余談ですが、ボクの企業にはまず創業者側の条件が整いませんので、とても残念です。
  正直言って、このような助成金はなかなか該当する企業が少ないようにできています。
 極端な話、助成金を頂かなくてもある程度は活動ができるところに助成をする。
 まるで、どこかの国の金融機関の融資のようだと思ってください。

 だれも、最初からこのような助成金を知っていれば、助成金を頂けるように法人を設立することができますから、皆さん設立するときには、是非とも参考にしてください。

さて、簡単にご紹介--------------------
○受付開始時期:年3回 4月、8月、12月
○第二回に受付は、平成18年8月1日から平成18年8月31日
  対象事業者は、平成18年3月1日から平成18年6月30日までに設立登記した事業主。 
○内容:45歳以上の高年齢者等3人以上が、自らの職業経験等を活用すること等により、共同して事業を開始し、労働者を雇い入れて継続的な雇用・就業機会を創出した高年齢者(事業主)に対し、事業の開始に要した一定範囲の費用について、助成するものです。

   そして、詳細は 都道府県高年齢者雇用開発協会に確認してくださいとのこと。
     ワンストップサービスではないのですよ。これは、手間と無駄ですね。
○支給対象となる事業主の主要条件抜粋:詳細はこちらで確認してください。
http://www.jeed.or.jp/elderly/employer/subsidy/subsidy6.html

1. 雇用保険の適用事業の事業主であること。
2. 3人以上の高齢創業者の出資により新たに設立された法人の事業主であること。
※高齢創業者とは、次のいずれにも該当する者をいいます。
①法人の設立登記の日において、45歳以上であること。
②法人の設立登記の日から助成金の支給申請日まで、報酬の有無、常勤・非常勤の別を問わず当該法人以外の法人役員、雇用労働者若しくは個人経営者等でない者であること。
(当該法人以外の法人の役員(清算人及び監査役を含みます。)となっている場合は、創設した法人の設立登記の日の前日までに、その役員の辞任に関する変更登記がなされていること。)
③当該法人の設立時の出資者であって、法人の設立登記の日から継続して、当該法人の業務に日常的に従事していること。

3.上記(2)の高齢創業者のうち、いずれかの者が法人の代表者であること。

○支給金額
 この助成金は、詳細な支給対象経費の合計額に3分の2を乗じて得た額(千円未満は切り捨てます。)で、500万円を限度として支給されます。
-------------------
制度を作っても、使えるところが限られていますね。
助成金をあてにするなということかもしれませんね。
でも、このような「独立行政法人 高齢・障害者雇用支援機構」があること自体知りませんでした。このほうが大問題かもね。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!!
Movable Type公式サイト

« いい天気だ~ | トップページ | ホント?デートより残業って。 »

コメント

くまさん、こんにちは~
こういう制度は年度毎にいろんなモノがでるのでしょうか?? 私はまだ個人事業主でしかありませんが、いずれ、仕事にかける時間をもっと持てるようになったら法人化してやりたいと。。。夢があります。

制度を逆手にとって、利用できるように立ち上げるのも手段ですね。

りりぶんさん、こんにちは∈^0^∋
はい、ぼくがいくらでもお手伝いします。
調べるには、まだコツが沢山いります。
なぜならば、事業の名称がやたらに長くて、役所の人がいかにも作る助成金の名前。
 検索に引っ刈りにくいのです。
 制度に合わせて、法人成り組織を作った方がベストですね。
 頑張りましょうね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/11103164

この記事へのトラックバック一覧です: 高年齢事業へ三分の二助成金支給?:

« いい天気だ~ | トップページ | ホント?デートより残業って。 »