2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 商店街の活性化とは、とてもシンプル! | トップページ | 今日は何の日だったの?08.17 »

2006.08.17

普通救急講習会受けてきました。いざというときに!

 これからのボランティア等で必要不可欠だと思い、救命講習会を受けることに。
 人工呼吸のやり方やAED(Automated External Defibrillator)自動体外式除細動器の使用方法、ようするに 電気ショックの使い方の講習を受けてきました。
 ぼくは、以前、ある省の外郭団体の会議の中で熱い議論を交わしているうちにボクの右隣に座っている人が、議論の内容に腹を立てたのか急に血圧が上がってしまったのでしょう、一言小さく声が出たかと思った瞬間に、支えることもできず、いすから崩れ落ちてしまったことがいまでも記憶に鮮明に残っています。

 会議のメンバーは誰一人として、何もすることができず、救急車がくるのを今か今かと待っていた悔しさを味わったことがあります。
 後で、その方は一命を取り留めたのですが、せめて、救急の仕方だけでも身につけておけばと思ったのです。
 
 どんな時に、このような状況に合うかどうかはわかりません。
 でも、知っていれば、体験しておけば、いざというときに必ず役に立つはずです。
 皆さんもぜひ、普通救急講習会を受講しましょう。
 
 救急車が現場に到着するのに平均約6分間、そのお手伝いができればと思うのです。
 救急隊がくるまでの実は数分が命を救えるかどうかの重要な時間なのです。
 生存退院率が1分ごとに7~10%減少します。
 さて、簡単に手順を紹介
 まず、倒れている人を発見したら、
1.意識の確認をする
2.人を呼ぶ 119番通報をする。AEDの手配
3.気道確保
4.呼吸確認
5.人工呼吸
6.循環のサイン確認(呼吸・咳・体動があるか?)
7.心肺蘇生 15:2
8.AEDの使用
 等々 これらを実習します。
 実際に講習を受けてみないとどのようにしたらよいかわかりません。
 
 無料で受講できますので、最寄りの消防署に確認してみてはいかがでしょうか。
 もう少し、日数が経過したら、上級救命講習を受けようと思っています。
 そうそう、修了証も頂けます。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!!
Movable Type公式サイト

« 商店街の活性化とは、とてもシンプル! | トップページ | 今日は何の日だったの?08.17 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/11463209

この記事へのトラックバック一覧です: 普通救急講習会受けてきました。いざというときに!:

« 商店街の活性化とは、とてもシンプル! | トップページ | 今日は何の日だったの?08.17 »