2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?08.14 | トップページ | まちおこしは大変だ!大村市 »

2006.08.15

危険を想定できない人々!

 最近の日本人は、危険を想定できない人々でいっぱいだ。
 雨上がりの日に、周囲の人の状況をわからず傘を振り回す人、ゴルフのまねをする人々、歩道を自転車で走る人たち、お互いに道を譲ろうとしない人たち。

 もしかしたら、その時点で他人に迷惑をかけていないからいいだろうと、『迷惑』という言葉の意味が全くわからない人間が多くなっていることかもしれない。
 迷惑と自由、迷惑をかけなければ、何をしても自由だ、自由勝手だと思っているやからが増えすぎたのだ。迷惑をかけないと言うことは、自己以外の人に不快感を与えないと言うことにつながっている。思いやる気持ちがそこにはあってしかるべきなのだが、どうも最近は身勝手と言うことと迷惑をかけないことがイコールになってしまっているようだ。

 そうなると、もうマニュアル以前の問題だ!
 プールの事故に続いて、今度は大分県で男児とそのおじさんが重体、重傷の事故に遭ってしまった。昨日は送電線にクレーンが触れて首都圏では大停電を起こしてしまった。

 こんなにも日本人って、気配りのできない、お馬鹿ばかりだと思うと、将来が恐ろしい。
 特養老人ホームでの暴言も同様な状態だ。
 そこには、心遣いがないから起こってしまったとしか言いようがない。
 まず、リスクを避けるとしたら、
 1. ホールには立入禁止の表示が必要。
 2. ホールに入れないように、扉に施錠が必要。
 3. 入ってしまったら、多目的ホールに入場できないように施錠する。
 4.  もし、ホール入り口に入ってしまっても、可動式座席を出したままにしておく。
 少なくても、四つの危険を回避するステップが会場を見ていなくても想定できる。
  最悪、常に可動式座席が設置されていれば、このような転落事故はなかったはずだ。

 つまりマニュアルがあったとしても、マニュアルを理解できない、マニュアル通りに行動ができない人間が多いとすれば、マニュアルは絵に描いた餅でしかない。
 理解力が全くなくなっているのだ。

 なんとも、お粗末なリスク管理の事故としか言いようがない。
 そして、その報道関係者のインタビューでマニュアルはないのかって、また、馬鹿の一つ覚えの質問をしていた。もっと本質を突いた質問はできないのか?
 マニュアルがあるかないかの問題以前だ。
 マニュアルばかりに頼っていると、人間がますますバカになる。
 それこそ、何でもかんでもマニュアルに頼っていたら、分量が百科辞典並みになってしまいかねない。
 仮に作ったとしても、そんなマニュアルを完璧に覚えられる人間なんて誰もいやしない。

 マニュアル以前の問題だ。
 日本沈没は裏金作りにせっせと精を出す人間と役所の合理化で施設管理者となった企業との総ぐるみで、起こることが今頃わかった。

 地震なんて天災ではない。
 役所・自治体という人災で日本は沈没する。

追伸:よそ見をしながら、階段を上っているとき、もう一段あると思いつつ、足を出すと、ものすごい衝撃で、体勢を崩すことがあります。転落したお二人も、床があると思いつつ足を踏み出したとすると、その一瞬の恐怖感は想像を絶するものがあります。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!!
Movable Type公式サイト

« 今日は何の日だったの?08.14 | トップページ | まちおこしは大変だ!大村市 »

コメント

はぁ? えらく片手落ちな意見なじゃない? そもそも、必要もないホールに入るってこと自体が「危険を想定できない」ってことなんじゃないの?

子供は何をするか判らないと保護者が考えないことが「危険を想定できない」ってことなんじゃないの?

立ち入り禁止と札を出すとか、鍵をかけるとか、そりゃ考えれば色々出来たことはあるだろうけど、それこそ「何でもかんでもマニュアルに頼っていたら、分量が百科辞典並みになってしまいかねない」なんじゃないの?

Sさんへ、こんにちは∈^0^∋
以前の文章もお読み下さいな。
保護者の問題も多く語っていますよ。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

くまさんのリスクを避ける方法に追加。
・階段が無い場合は扉が開かないように設計しておく。

今回の件は、危機管理能力がホールを管理しているところの他、
「設計段階」での危機管理能力が不足していると思う。
階段が無いときに扉を開く必要は無いと思う。
であれば、「階段が無いときに扉が開くと危険」ということを
想像できるはずなのです。
なのに想像できないというのは、これも、マニュアルや、
取交わした文書(仕様書とかかな)に無いから、
しないと判断したのではないでしょうか?

マニュアルに記載が無いからというより、
各々の箇所で危機に対する想像力が働いていないというのが、
今回のような事故につながるのではないでしょうか?
(どこかのエレベータ会社も想像力が乏しかったですしね。)

さじったさん、こんにちは∈^0^∋
なにもかもが、どういう場合にはどうなるかということが、考えられない人たちが多すぎますね。
仰るように、設計段階でのさまざまな危険回避の考えができなさすぎです。
 この場合はどうなるか、もっとブレインストーミングをするべきですね。
 面倒くさいから、多分大丈夫で危険回避を惜しんでしまった結果でしょうね。
 くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61851/11436411

この記事へのトラックバック一覧です: 危険を想定できない人々!:

» 歩道を自転車で走るのは迷惑? [日々のたわごと]
自転車で走る身としてはつらい状況です。道交法では、本来自転車は車道を走る決まり。 [続きを読む]

« 今日は何の日だったの?08.14 | トップページ | まちおこしは大変だ!大村市 »