2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« Gmailをオンラインストレージとして活用 | トップページ | 昨日の一日一万歩 0921 »

2006.09.22

日の丸・君が代 強要違憲!?

 日の丸・君が代の強要は東京地裁の判決で「少数者の思想・良心の自由を侵害する」として違憲・違法と判断を下した。
 要するに、日の丸・君が代をめぐる通達は、「教育は不当な支配に服してはならない」と定める教育基本法10条に違反する、と東京地裁が判断をした点だ。
 どうも変な裁判としかボクにとっては言いようがない。
 強制させられ、罰則が伴うから、卒業式や入学式で国旗に向かって起立しない、国歌斉唱を拒否するのだろうか。
 言い換えれば、強制させられていなかったら、変に意固地にならず、国旗掲揚、国歌斉唱は拒否せず、受け入れることができるのだろうか。
 このような問題は、難しく考えれば考えるほど、こじれてくるように思える。

 拒否した人たちは、国旗や国歌を歌うこと自体が嫌いなのだろうか。
 どうも、教育委員会と教師たちとのこじれが問題なような気がする。
 
  しかし、このような判決が出たとしたら、生徒たちも「少数者の思想・良心の自由を侵害する」と主張できると言うことだろうか。
 そうなると、卒業式も入学式も国旗掲揚や国歌斉唱が無意味なものになりそうで怖い。
 国歌を知らない人間が多数出てくるだろうし、屁理屈をこね回して、国歌を歌わない人間もでるのだろう。
 譲りに譲って、嫌でも、日本という国家に住んでいる以上は高校まで 国旗に向かって起立することや、国歌斉唱ぐらいしても、大したことはないような気がする。
 強要はいけない、しかし、このような判決が確定したのならば、極端な話、国旗掲揚に対しても、国歌斉唱に対しても無反応な子供が、またしても増えてくるような気がする。
 子供たちのオレ様かが促進されるような気がしてならない。
 要するに、教師たちの怠慢が生み出した結果かも知れない。
 生徒や学生たちに、そしてある教師たちに 国旗に向かって起立する、国歌斉唱を自主的に歌えるような状況を作り出すと言うことは、教師たちの生徒や学生たちに対する、教員としての接し方、教え方、人間性に感動を与えることが重要だと思う。また、生徒たちは学舎で学んだ日々を以下に有意義に感動を享受できたかが、答えになりそうだ。
  つまるところ、自然に国旗や国歌に対して感動を呼び起こすということは、先生たちの努力のバロメーターと言うことにつながる。
 
 国旗の代わりに、風呂敷掲揚でもいいと言うことか、そうではないだろう。
 なんだか、単純なところでボタンが掛け違ってしまったような気がする。 

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!!
Movable Type公式サイト

« Gmailをオンラインストレージとして活用 | トップページ | 昨日の一日一万歩 0921 »

コメント

 自分は県立高校に勤務していますが、入学式や卒業式では出来るだけ大きな声で国歌斉唱を心がけております。
 しかし、それはあくまでも「自分の自由意志」というのが前提条件です。今回の裁判の結果がどっちに転んでも、歌おうという自分の意志は変わらないとは思いますが、もし逆の判決が出た場合を想像してみましょう。
 強制した国歌斉唱を確実に実施しているか、鵜の目鷹の目で監視する子役人と化した教頭・校長。それに萎縮して言いたいことも言えなくなった教職員。これで仕事が出来るのでしょうか?
 「おれを愛せ。さもないと罰則だぞ!」て言われたら、ストーカー行為だと思うのですが、国歌斉唱の強制はこれに近いものがあるのではないかと思います。本当に愛される国家にしたいなら、愛されるには何をすればよいかを考え実行することが一番でしょう。
 ただし、国家斉唱を拒否する人たちも、「どのようにしたらこの国を愛せるようになるか?」と「どの歌なら斉唱できますか?」という質問には答えていただきたいですね。

こんにちは。
国歌斉唱と国旗掲揚。
立ってちゃんと歌う、これ当たり前のことじゃないでしょうか。
スポーツの始めにはちゃんとみんなできるのに、どうして学校ではできないんでしょうかね?
ずっとずっと激しく疑問でした。
学校の先生で拒否をする人は、このスポーツのときにも拒否るんでしょうかね??

強制とか監視が憲法違憲だという前に、なぜ裁判沙汰になるのかが分かりません。
心の問題と言うよりは、常識・非常識の問題だと思います。
こういう意味不明な先生が増えるから、子供もだんだんと生意気になって意味不明な『俺様』が増えるんでしょうね。

 私は教師ではありませんが、息子の入学・卒業式で、国旗に起立、国家斉唱はしたくありません。日の丸・君が代は先の軍国主義・侵略戦争の象徴だからです。私は障害者です。県の障害者のスポーツ大会でも、国旗掲揚・国家斉唱がありますが、皆が前を向いて、日の丸を見上げ、君が代を歌っている間、後ろを向いていました。車椅子では、起立拒否できないので、私なりの抵抗の仕方です。
戦争はたくさんの障害者を生み出しました。過去と未来への戦争とその体制を2度と許さないという、私の意思表示です。

野田 満さん、こんばんは∈^0^∋
同感です。
どの国歌なら、歌えるのでしょうか?
ぼくもそう思います。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

michaさん、こんばんは∈^0^∋
反対されている方たちは、国歌国旗がなんだったら、納得するのかですね。
 まあ、強制を嫌っているのにしても。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

うみおくれクラブさん、こんばんは∈^0^∋
長い歴史のある国、短い国、国歌・国旗にはあまりぼくは戦争としての意味を見いだせません。
 坊主憎けりゃ袈裟まで憎い と言うことに近いのではないでしょうか。
 国旗と国歌には、国歌と国旗としての意味しかないと思っています。それに、意味をつけて考えるのは、それぞれの思いではないでしょうか。戦争というばかげた犠牲で亡くなられた人は、世界中に多くいらっしゃいますが、その結果、国旗国歌を変えたという国は、ボクはしりません。
 ドイツも、国旗は変えてませんし、国歌はもしかしたら、昔の国歌(ナチス時代)に戻りました。但し、歌詞が1番から3番に変更されました。
 国歌と国旗を忌み嫌うのは筋が違うのではないでしょうか。
 それこそ、一種の偏見かもしれませんね。
 くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

こんばんは~くまさん

どうしてこれほど、国旗掲揚に賛否両論あるのでしょうか?
どうしても侵略戦争のほうに頭が行ってしまう人がいる。
全然かまわない人がいる。

日本の国にとってとても不幸な事ですね。
日本人にとってもとても不幸です。
みなの意見が一致までとは行きませんが
素直に国旗や国歌斉唱が行われることを祈っています。

日の丸って忌まわしいのでしょうか?

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
国旗・国歌を嫌うのは、筋違いですね。
どうしても、戦争にこじつけたくなる意味が全くわかりません。
日の本の国から、あのしるしなのに、戦争と関連づけたい人がいるということですね。
 靖国神社の参拝を忌み嫌う点と全く同じかもしれませんね。
 くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

くまさん、こんばんは。
TB打たせていただきました。
この件は、他国では考えられないことではないでしょうか。うみおくれクラブさんの言うように、軍国主義や戦争は、確かに日本の歴史の一部ですが、国旗・国歌はそれだけを象徴ありません。他国を愛し理解するためには、やはり自国を愛し理解することが必要だと思います。

過去に戦争の責任を取って、国旗国歌を変えた国がないなら、日本が初めて変えた国になってもよいのではないでしょうか。日本国憲法は、戦争放棄を定めた世界に珍しい憲法ですし。
前例がなけりゃ前例をつくればいい。もちろん国民の同意があってですが。私は、戦後、新憲法が定まったときに、どうして国旗国歌も変えなかったのかと思います。そもそも、入学卒業式でどうして国旗国歌が必要なんでしょうか。私はそこまで考えます。くまさんが言うように、「意味をつけて考えるのは、それぞれ」なので、強要してほしくはないのです。

思想信条の自由というものの履き違えというか、なんだかなぁ、というのが今回感じた本心です。
強要といいますが、式典を粛々と決められたとおりに行うのが教員の職務分掌なのでしょうしねぇ。一般の会社なら考えられないですね。

国旗掲揚・国歌斉唱をしない教師達が、生徒達に何を教えることが出来るのでしょうか?ワールド・カップ、国際試合を観ていても、国歌を歌えない選手をたまに見ますが非常にみっともない。
学校とは最低限の公共心(パブリック・マインド)を養う場であるはずです。国旗とはその国の主権を表す神聖なシンボルです。もし、仮に国旗・国歌にない国が出て来たらそっちの方が数倍不気味です。強要されるものではなく、教師が必然的に行なわなければならない道徳の教育です。“ふしぎなナイフ”さんの投稿にもありましたが、「他国を愛し理解するためには、自国を愛し理解すること事が必要です。」こういう判決を出す裁判所、こういう事自体を議論しなければいけないというのは非常に未成熟な国家であると同時に諸外国からなめられる要因の一つになるのではないでしょうか?

ふしぎなナイフさん、こんにちは∈^0^∋
自国を愛すること、自国の文化や歴史を把握することが一番大事だと思います。
 歴史には汚点もいっぱいありますが、それを国歌・国旗に覆い被せても意味はありません。
 一種のイデオロギー管理になってしまいます。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

うみおくれクラブさん、こんにちは∈^0^∋
国の歴史を把握しつつ、自国を愛すること。
そのうえで、国旗・国歌も愛することだとぼくは思っています。
 国歌・国旗に対しての強制ということではないと思っています。人に名前があるように、国にもそれなりのものがある。
 極端な事例だと、悪事をはたらいた人の名前と顔を変えろ、と言っていることにつながりかねません。
 強制ではなく、学術名もしかり、名前をしかり、自分で決めたものではないものが多数ありますが、それを強制ととるか、任意ととるかは、その人の意識の許容量に関係しているように感じます。美人と思うか、層でないかと思うのは、各自の自由ですが、自由ではないルールに乗っ取ったものもありますね。
 さて、この件はこの辺でおしまいとさせていただきますね。
 くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

macさん、こんにちは∈^0^∋
強要と感じるかどうかは、今までの経緯にあるのではないでしょうか。
 強要せざるを得ない状況が、生んでしまった悲劇ですね。
 いずれにしても、国歌・国旗にはなんの罪もないです。
 それに、はけ口を求めているのはある種の思想管理に近いものを感じますね。
 くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

hiderocksさん、こんにちは∈^0^∋
国歌・国旗には罪も何もありません。
それを利用した戦時中の思想管理が問題だっただけです。罪を悪んで人を悪まず、と言うことなのですが、どうも、ある種の人たちはその範疇から抜け出せませんね。
 また、国際大会での国旗掲揚・国歌斉唱で、自他国に敬意を払わない人こそ、問題があるかと思います。
 それは、決して、軍国主義とかそんな問題ではなくてね。
 自国を愛することは、じぶんをあいすることとまったくかわらないはずなのに。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

« Gmailをオンラインストレージとして活用 | トップページ | 昨日の一日一万歩 0921 »