2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Access解析


  • アクセスランキング

  • アクセス解析


ブログリンク

無料ブログはココログ

シニアのためのパソコン教室

BlogParts





書籍紹介

« 今日は何の日だったの?09.24 | トップページ | 昨日の一日一万歩 0924 »

2006.09.25

自由と我が儘、社会性のなさ

 今回の日の丸・君が代の強要は東京地裁の判決で「少数者の思想・良心の自由を侵害する」として違憲・違法と判断を下した。要するに、日の丸・君が代をめぐる通達は、「教育は不当な支配に服してはならない」と定める教育基本法10条に違反する、と東京地裁が判断をした点だ。
 しかしだ、それを組織におけるルールと自分たちの個人の思想・良心を教育という現場に持ち込んではいけない。
 つまり、いま、少数の教育者たちが行っていることは、教育現場の混乱を招き、混乱を生徒たちに明からさまにし、生徒たちに悪影響を与えていると言うことをもっと認識すべきことだと思うのだ。本当に、その点の認識がない、欠落しているのではないだろうか。
  そして、その行動が生徒の親たちもどう見られているかを深く考えるべきだ。

 生徒たちに混乱を招く行為がどのような影響を与えているのか、果たして深く考えた末の今回の訴訟行動だったのだろうか。
 この教師たちの子供が食卓で、嫌いなものがあったときに、食べなくていいよというだろうか。学校に行きたくないから、という理由で 行かなくていいと言うだろうか。
 自分の子供たちが卒業式に国歌斉唱をすることをさせないようにするのだろうか。家族旅行をするときに、ひとりの子供が行きたくないからって、行かせないだろうか。夫婦喧嘩をしてるときに、子供たちの影響を考えているだろうか。
 等々、身近な出来事から考えただけでも、家庭という最小の単位でも、生活のルール、規律があり、子供たちに対する精神的な鍛錬や配慮が日々どこかにあるはずだ。
 
 組織としてのルールがどこの家庭でもあるはずなのだけれど、そもそも、子供がオレ様化する現象を作り出しているのは、訳のわからない行動を子供に見せている親のオレ様化、社会性のない我が儘なのだから、無理もない。

 教育現場ではキチッとルールに則り、国歌斉唱等を行い、そのうえで「少数者の思想・良心の自由を侵害している」のではないかと、反論するならばまだ、許せるのだけれど。 どうも、大の教育者という大人が、強制はイヤダイヤダとだだをこねている様子しか見えてこない。社会性のなさを露呈しているだけだ。 
 大人ならば、さまざまな教育現場での配慮をしつつ、心の中で自己主張していれば、べつになにも、問題は起こらないと思うのだけれど、どうだろうか。
 
 現状、自己主張、自分たちの正当性を主張しているだけで、なんにも得る点がないと思うのだが、いががだろうか。
 一部の教員たちの行動は、それは教育現場という枠を超えた、教師としての別の立場での問題だと思う。
  この教員たちが、企業に勤めて、企業という枠の中で社歌、社旗に対して敬意を払わない同様の行動を起こした場合、間違いなく解雇されても当然の行動だ。
 それが社会性だと思うのだが・・・。教員の世界ってある意味、不思議な世界ですね。  このような事柄が裁判になるのだから、弁護士が足りなくなるわけですね。

幸運の招き猫くまさんことくまボンでした!
ボクの書斎』もよろしくね!!
Movable Type公式サイト

« 今日は何の日だったの?09.24 | トップページ | 昨日の一日一万歩 0924 »

コメント

こんにちは。根岸のねこです。
トラックバックさせていただきました。なぜか2つになってしまったので、1つの削除をお願いします。

くまさんの意見とは若干違いますがお許しください。こういう問題では意見が違うこともありますから。

私の意見は、戦前戦後において、社会の価値観、特に主権が天皇から国民にかわるということが起きて、戦争で無くなったり被害を受けた人、その華族、それを教育や本で勉強した人の一部でも、戦争と国旗国歌の関係が清算されないで恐怖として残っていることを考慮しなければならないということです。

普通のことなら、戦勝国なら、くまさんのおっしゃるとおりルールをきちんと守っていない点を考えればいいのです。

しかし、沖縄の地上戦やサイパンの玉砕戦を知識として知っているだけでも、国旗国歌を掲げながら民間人は足手まといになるということで、断崖から飛び込んでいったそのことを思うと、戦争が終わったのだからと割り切れない感情は残ります。

私は過去の戦争と国歌のことを成長とともに教えながら、家族や学校で議論して見ることの方が、強要より将来の人格形成により役立つと思います。

こんばんは。
先日から続いてますね。
いろんな人の見方があるんですね。

学校の先生は、生徒だったときから社会に出でての一般常識がないため、どうしても民間人の常識というのが欠落してる傾向があるようです。
(私の友達も私の祖父も含めて。)
だから、非常識な振る舞いをしても可哀相な人と思ってあげてください。

戦争のことを思い出すとかいう方がいらっしゃいますが、話したくないご年配の方も大勢いらっしゃいますが、ちゃんと語り継がなければいけないことです。
今この時にも戦争に向かっての法案が多々改正されてる時に、校長と教育委員会と教師が争うよりもちゃんと国旗国歌の意味を生徒に教えるべきだと思います。

根岸のねこさん、こんばんは∈^0^∋
違憲が異なるのは、全く問題ありませんので、お気になさらずに。
 戦争を憎む、戦争を絶対してはいけないということでは、皆一致しているかと思います。
 ただ、国歌・国旗を象徴としてしまうと、戦前、戦中と同じように思想管理の道具になってしまうことを懸念しなければいけません。
 国歌・国旗は国歌・国旗でしかないと思います。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

michaさん、こんばんは∈^0^∋
本当に、いろいろな方のさまざまな意見がありますね。
 戦争反対であることでは一致ですよね。
 再度戦争とはなんなのか、してはいけないと言うことを考えるべきですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

これを決める時に、政府見解として「強制しない」と明言して導入したことを忘れているのでは無いかと考える。あの「ぼけ老人」がコケの一念で強制したから問題になったのでしょう。

隠居さん、こんばんは∈^0^∋
強制はいけませんね。
でも、強制しなければいけない状況を作り出した側もいけませんね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日は何の日だったの?09.24 | トップページ | 昨日の一日一万歩 0924 »